茨城県取手市 S様邸 ダイヤモンドコート 外壁塗装

築年数
10年
坪数
36坪
木造モルタル下地
新築時仕上げ=ジョリパット
外壁塗装
日本ペイントダイヤモンドコート
屋根塗装
日本ペイントサーモアイSi
付帯塗装(破風板、幕板、雨どい等)
日本ペイントファインシリコンフレッシュ
塗装費用
130万円
外壁
ダイヤモンドコートBS水性 10年
屋根
サーモアイSi 12年
付帯
ファインシリコンフレッシュ 5年
塗装部全て
日本ペイント3年保証

外観

before1
取手市 S様邸 外観 施工前
茨城県取手市のS様邸は、
築10年と比較的塗り替え時期としては早く、劣化も軽微な状態で、最低限の費用で耐久性の高い外壁塗装を行う事が出来ました。
horizontal1
after1
取手市 S様邸 外観 施工後
既存がジョリパットでしたので、意匠性砂壁調外壁専用の塗り替え塗料などもご提案致しましたが、耐久性と美観性で群を抜く最高クラスの耐久性を持つ日本ペイントのダイヤモンドコートをお気に入り頂き、ご選択くださいました。

色や仕上がりにもご満足頂き、ご夫婦と弊社担当スタッフで思い出のお写真をパシャリ

外壁

before1
S様邸 外壁 施工前
horizontal1
after1
S様邸 外壁 施工後

外壁塗装 施工工程

高圧洗浄
長持ちの秘訣 徹底した洗浄

こびりついた埃やコケを水圧で除去します。
洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去しました。
クラック補修
ひび割れも0.3ミリ程度の軽微なものが殆どでしたので、Vカットを軽めに行います。
現状の模様を活かしたいとのご要望も有り、コーキングの補修跡を目立たせたくないとの事でしたので、最小限の補修にしました。(耐久性には問題ないとの判断の上)
クラック補修2
ヘアークラックが発生している場所にコーキングを打ちます。

この処理で軽微な水の浸入を防ぎます。
クラック補修(ならし)
クラック補修(ならし)2
奥まで押し込むようにしっかりと均します。
塗装後の補修跡が目立たない様に入念に均します。
配線撤去跡の補修
配線撤去跡の補修2

こちらにはコーキングではなく、モルタルを詰めて補修しました。
窓周りのコーキング処理
窓周りのコーキング処理2
窓廻りのシーリング(コーキング)は通常は三角シールという増し打ち方法なら打替えせずとも十分ですが、サッシとの界面剥離が発生している部分は打ち替えを行います。
窓周りのコーキング処理(除去)
既存のシールを撤去しました。
コーキングの打ち込み
コーキングの打ち込み2

マスキングテープを貼り、プライマー塗布後コーキングを打ち込み、完成です。
コーキング処理(完成)
コーキングが乾く前にマスキングテープを取り完成です。
下塗り(パーフェクトフィラー)
下塗り(パーフェクトフィラー)2
下塗り材にはパーフェクトフィラーを採用しました。

パーフェクトフィラーはヘアークラック程度のひび割れを防ぐ微弾性フィラーで住宅の塗り替えでは最も汎用的に使用されております。大きなクラックや建物の動きには追従できませんので、誤解されやすい下塗り材です。
ひび割れを最重要視した仕様にするには外壁塗膜防水工法が必要です。
中塗り1回目(ダイヤモンドコートBS 水性)
中塗り1回目です。
塗布量を厳守し、ムラの無いよう丁寧に塗布します。
ダイヤモンドコートは4回塗り仕上げです。
4回目にUVカットクリヤーコーティングを施すことで塗りたての美しい色艶を10年にわたり維持することが出来ます
中塗り2回目(ダイヤモンドコートBS水性)
中塗り2回目(ダイヤモンドコートBS水性)2

塗りムラが無いようしっかりと膜厚をつけて塗布します。
上塗り(ダイヤモンドコートGL水性プレーン)
上塗り(ダイヤモンドコートGL水性プレーン)2
最後にダイヤモンドコートの特長の一つであるUVカットクリヤーコーティングをたっぷり塗布し、紫外線から塗膜を守り、長持ちさせます。
塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

使用材料

使用材料
使用材料2
茨城県取手市のS様にも今回の外壁塗装には大変ご満足頂きました。
外壁だけでなく、劣化や色あせが進みやすい付帯部(破風板や幕板、雨どい等)に注力した弊社の提案が的を得ていて信頼できると感じて頂きご依頼くださいました。
毎回数プランをご提案させて頂く中で、仕様も最上級クラスの日本ペイントダイヤモンドコートをご選択頂き、美観も含めご近所様からも評判の様です。
ですが、ダイヤモンドコートの真価が発揮されるのは「塗りたて」ではなく、5年以上経過してからです。
「塗りたて」はだれがやっても何を使ってもキレイに決まっています。
この業界が5年以上経過後の不具合が多いためにクレーム産業とも言われるようになっていますが、業界の異端児と言われるぐらいに塗膜の耐久性にはこだわってまいりたいと思います。