東京都葛飾区 S様邸 水性シリコンセラUV 外壁・屋根・付帯塗装

築年数
19年
坪数
30坪
外壁
水性シリコンセラUV  7年  色=25-60B
屋根
サーモアイSi      10年  色=クールブラック
付帯
防錆型ファインSi    5年   色=黒(ブラック)

外観

before1
東京都葛飾区S様邸外観 ビフォー
vertical1
after1
東京都葛飾区S様邸外観 アフター

流山市I様邸の外壁塗装見出し
before1
DSC042711-e1475995751612
horizontal1
after1
DSC06826-e1475995783129



DSC04301-e1475995825523
チョーキング

大きな破損や亀裂もなく、大掛かりな補修は必要のない状態でしたが、外壁を手で触るとこのように粉状になって手について来る現象(チョーキング)が発生しておりました。
この現象は表面の塗膜の防水性が劣化を始めたサインですので、塗替えの時期を判別する材料の一つです。

a401123c5f0332fd55201b23c817c8a8-e1475995921823
高圧洗浄

まず外壁を高圧の洗浄で徹底的に洗浄していきます。
長年の汚れやホコリを丁寧に落としていきます。
9b658eef5abd8166f8057e2258a15693-e1475995952482
サイディングボードのひび割れ補修

サイディングボードにひび割れが発生しておりました。
地震などの影響でヒビが発生したと考えられます。
塗装で埋めてしまうだけでは早期再発やヒビが広がってしまう事が考えられるので、しっかりとパテ修理が必要になります。
95ca7693cb861ba5a2c20635367e97c6-e1475995985113
パテ補修

ヒビが入っている箇所にパテをしっかりと奥まで詰め込むように充填していきます。
9d28960bf6165b78080ac4030ccb1392-e1475996098718
パテ均し

先ほど充填したパテを均等に均していきます。
既存の模様を損なわないよう、刷毛を使用して均一に均していきました。
bf1b63eac58843b77856efeaa902b4ef-e1475996076409
下塗り(パーフェクトサーフ)

パーフェクトサーフは、窯業系サイディングボードの塗替えに最適な下塗り材です。
上塗りの吸い込みが少ないので、上塗りの特徴を存分に発揮してくれます。
防藻・防カビ機能があり、汚れに強い塗料の一つです。
また、微弾性機能を有しているため、クラックなどの追従性があります。
マスチックローラーを使用し、丁寧に塗布していきます。
c19f228ba29e65e40ae5b1be08ae87f6-e1475996283218
上塗り1回目(水性シリコンセラUV)

水性シリコンセラUVは、高耐久・低汚染・防カビ・防藻・微弾性など、様々な機能を備えた塗料です。
中塗りだからと油断せず、塗布量を守り丁寧に塗布していきます。
27249347c0dd87239d2550bceefff5fc-e1475996331350
上塗り2回目(水性シリコンセラUV)

上塗り2回目にも中塗りと同じ水性シリコンセラを塗布していきます。
既存の模様を損なわないよう、ローラーで丁寧に塗布していきます。
これで外壁の塗装は完了です。
完工前にタッチアップという、補修塗りも行います。
yane1
before1
DSC04202
horizontal1
after1
b93efdc85c3823c40bb335c079b8ad38
1cc267be864d823441a350f8b2f43bbe-e1475997125852
高圧洗浄

屋根の塗装で一番大切なのは高圧洗浄です。
家屋の中でも一番雨や風にさらされる箇所ですので汚れやカビや藻などが付着していても気がつきにくい場所です。
雨漏りなどが発生して初めて気がつく方も多いのではないでしょうか・・。
そうなると修繕費がかなりかさんでしまうので、そうなってしまう前にしっかりと補修・塗装を行っていきます。

3def35c804ae584c58b2d4fa9620285d-e1475997174466
縁切り

スレート瓦の隙間に縁切りという作業を行います。
これは、毛細管現象を防ぐための作業です。

c5216f124216690186f3823178f8e0f2-e1475997219332
タスペーサー

縁切りを行った箇所にタスペーサーを挿入していきます。
これを入れることによって瓦と瓦の間にほんの少し隙間ができます。
いつまでも隙間に水が溜まってしまうと、そこから藻やカビなどが発生してしまいます。
この隙間があることによって、雨水が間に溜まる事なく下に流れてくれますので必ず行う作業の一つです。

013d6541f6ea9f2c77d3f3ab9fed6a82-e1475997264206
「隙間」と聞くと不安に思う方も多いと思いますが、
一見見ただけでは分かり難い、本当に少しの隙間です。
この、「ほんの少しの隙間」が、これから先何十年にわたり屋根を良い状態で保持してくれます。
写真はタスペーサーを挿入した後の写真です。
シングル工法で挿入しました。
cbad237d30c55c0f3745e9c4a0c6fb99-e1475997312228
屋根塗膜の剥がれ補修

一部に塗膜の剥がれがみられました。
この上に塗装を行ってしまうとデコボコになってしまいまたすぐそこから剥がれてしまう原因になります。
弱ってしまった塗膜をしっかりと除去していきます。
13f690b1771596e9fba5b6eb52b437d2-e1475997371192
ヘラを使用し、丁寧に除去していきます。
削りすぎてしまっては余計に痛めてしまう事になりますので、丁寧に少しずつ行っていきます。
a804ca54cc19566e729711d2a0a1bf2c-e1475997449719
弱った塗膜をすべて除去した後の写真です。
この上に下塗りを行い、丁寧に均してから上塗りを行っていきます。
888569f82c41237bf7d25c2956a8ab1e-e1475997708367
板金部下塗り(防錆型プライマー)

板金部は金属になりますので、防錆型のプライマーを塗布していきます。
塗り残しの無いよう、ローラーで丁寧に塗布していきます。
8e8f9b4c527ae82b9af9c7260ff8f8f1-e1475997721299
雪止め部下塗り(防錆型プライマー)

雪止めの部分も金属になりますので、防錆型のプライマーを塗布していきます。
塗り残しがあるとそこからまたサビが発生してしまいます。
雪止め部分はローラーではなく、刷毛を使用し丁寧に塗布していきます。
d28c165c79069a5651e59e2c208b56b4-e1475997831509
下塗り(サーモアイシーラー)

下塗りには日本ペイントのサーモアイシーラーを採用させていただきました。
サーモアイシリーズの場合、下塗りにも熱の反射性があり、また、下地を強固にしてくれる役目があります。
20a5d8af2d88196e60c95759e572dae9-e1475997852846
全体に下塗りを行った写真です。
07c6e7f247ff56899905ca2f12376603-e1475997960893
棟包みのコーキング打ち替え(打ち込み)

棟包みの間にあるコーキングを新しく打ち込んでいきます。
既存のコーキングを丁寧に除去したのち、コーキングとの密着力を高めるために専用のプライマーを塗布しました。
その後、奥までしっかりとコーキング剤を打ち込んでいきます。

4aea6b2bdba17a05038ecbc4552a1a43-e1475998531942
棟包みのコーキング打ち替え(均し)

先程打ち込んだコーキング剤を丁寧に均していきます。
空気などが入ってしまうと、早期破断の原因になってしまいますので、空気や汚れなどが入らないよう、細心の注意を払って均していきます。
その後、完全に乾く前にマスキングテープを外したら、棟包みのコーキング打ち替えは完成です。
771a912012643a40526ce16a17454796-e1475998521670
スレート瓦の割れ補修

スレート瓦の一部に割れが発生していましたので、補修を行っていきます。


e16572b8015e4e97b374d97431df51d9-e1475997864875
この程度の軽微な割れでしたら補修で十分補えます。
まずは割れている箇所にコーキングを打ち込んでいきます。
528dfee9d98d128d92a5c6abc50aeeb9-e1475998501449
空気などが入らないように丁寧に均していきます。

乾いたらスレート瓦の割れ補修は完成です。
この工程を、割れている箇所全部に行っていきます。
b8446eb634777ccc1593cf923ed9697c-e1475998563891
718425aa3952908039ec4a9170f2d1e9-e1475998549943
2d31b1a95a7e3a55f9e24b324fd06cb7-e1475998819126
上塗り1回目(サーモアイSi)

遮熱塗料のサーモアイSiを塗布していきます。
サーモアイSiは過酷な環境下でも耐久性を保持する事が可能な屋根塗用の遮熱塗料です。
07edffdf654cdd06895fc1bfabf28dda-e1475998850270
上塗り2回目(サーモアイSi)

今回、下塗りと上塗りにサーモアイシリーズを採用させていただきました。
どちらも屋根への蓄熱を防いでくれる塗料ですので、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
2回目だからと油断する事なく、丁寧に塗布していきます。
b5285979254729082cb6b143abcdea6a-e1475998886151
これで屋根の塗装は完成です。
futai_1

ベランダ防水塗装

before1
cd2aea3f512ffa4e35d3f2eb4daf053d
horizontal1
after1
0bd65e18a05e3a762bea77a129ff2423-e1475997030976



ba2dc6809d7d23062402a9bb4a2ae8af-e1475999033612
防水層の劣化塗膜除去

防水層を保護する塗膜が剥がれてしまっていました。
この様なケースは確実にメンテナンスが必要となります。
まずは劣化してしまった塗膜を丁寧に除去していきます。
6bcfa64ae342722cc9bd69068b7556f7-e1475999099586
丁寧に劣化塗膜を除去した後、プライマーを丁寧に塗布していきます。

afd5d8c51ae81c597fbd5107340cfc32-e1475999121154
その上に防水性のシーリング剤を乗せ、丁寧に均し、デコボコにならないよう、均等に均していきます。
0d073868ef472e88d5f6f69585fe718b-e1475999052788
ベランダの角の部分の塗膜も手で触って剥がれてしまう状態でしたので、こちらも専用工具を使用して丁寧に剥がしていきます。


c403273d0be7f304f440f1c83601a81a-e1475999145256
既存の塗膜を丁寧に除去したのち、防水性のシーリング剤を乗せていきます。
8a611ce43b4a66754d91123982b482bd-e1475999157984
空気や汚れなどが入ってしまわないように丁寧に均等に均していきます。
dde7cab235f5ae0ffe3fa08b8538bfa6-e1475999169884

3ae8a8b976e704d5d15ed7ba1ba15ec0-e1475999203944
全体に満遍なく、ローラーを使用してプライマーを塗布していきます。
11bea73cfef14236f46b8aaae871b4e2-e1475999217873
上塗り(GRトップ)

プライマーが完全に乾いたら、上から防水性のトップコートを塗布していきます。
使用したのは、「日本特殊塗料」プルーフロンシリーズのGRトップという塗料です。
プルーフロンGRトップは、太陽光に対する反射率の優れた着色顔料と熱放射に優れたセラミックを採用することにより、抜群の遮熱性を発揮します。
また、高耐久性で建物を守ります。




futai_2
089324db84f7db30f458033153d8eaf7-e1476152566241
DSC06814-e1476152597225
DSC06817-e1476152628784
DSC06828-e1476152673445
zairyou
3c6d78e7311203771f4bffc8ebc76f91-e1476152750851
a19a2c16f0c98d540ab2276d00138525-e1476152779600
voice1
東京都葛飾区 S様邸

前回塗装メンテナンスからちょうど10年が経過。色褪せはあるものの良い状態のうちに再度塗装してお家を長持ちさせたい。

また通りに面し た立地とあり、現在は使用していない錆が広がってしまったシャッターBOXをみて飛び込み営業マンが頻繁に「塗替えしませんか?」「早くしないとまずいで すよ」と訪問に来られてて困る。飛び込みの営業マンが来れなくなるよう綺麗に仕上げて欲しい!とのご要望がございました。

東京都葛飾区S様邸施工後アンケート

施工力のある塗装業者に塗替え工事をお任せしたい、とのことで日本ペイントのダイヤモンドコート本部にお問い合わせをしたようです。
エリア的にも対応できるのではないかとダイヤモンドコート認定施工店でもあるシャインに本部よりご紹介頂きました。
ただあくまでもご紹介。
どこよりも詳しい診断書や施工内容がしっかりとわかる見積もり書を提出しご納得頂けてのご指名となりました。

屋根や外壁はもちろんのことシャッターBOXのサビによる腐食部もしっかりと補修して塗りあげました。
お色は前回塗替え時のお色が気に入ってるとのことでしたので、ご相談のうえ前回と同じお色での塗替えとなりました。

東京都葛飾区S様、この度はシャインをご指名頂き誠に有難うございました。塗り替えてからが本当のお付き合いが始まるものとシャインでは考えております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。