屋根の劣化症状の原因と対策

屋根の劣化症状の原因と対策
屋根も外壁と同じく新築から10~15年経ったら塗り替えが必要になります。屋根は普段あまり目にする部分ではないので、劣化していても気づかないことが多い箇所です。
屋根のメンテナンスがしっかり行わなければ、雨水などが屋根に染み込んできて劣化していき、最悪雨漏りなどにより家の被害が大きくなっていきます。

屋根にも種類があり、それぞれ劣化の症状に違いがあります。今回はシャインでお問い合わせの多い、屋根別の劣化症状について紹介していきます。

スレート屋根の劣化症状について

屋根の劣化症状の原因と対策
屋根の劣化症状の原因と対策
屋根の日当たりの悪い面や、水はけの悪い面によく見られる劣化症状です。
コケは屋根の塗膜が剥がれた箇所に繁殖するので、屋根が塗膜で守られていないサインになります。

高圧洗浄を行った後、下塗りをしっかり塗布すれば塗装メンテナンスが可能な状態です。

印西市T様 屋根補修
屋根の劣化症状の原因と対策
屋根材の割れや欠けは、屋根材が脆くなってしまったために起こる劣化症状です。
塗膜が剥がれ、吸水し脆くなってしまっているので割れや欠けが発生します。
塗装で吸水を抑え、これ以上脆くならないようにすることは出来ますが、既にダメージを負った箇所までは回復できません。

あまりにも割れや欠けが多い場合は、屋根塗装ではなくカバー工法による屋根改修工事などをおすすめします。

屋根の劣化症状の原因と対策
パミール塗装後2年目
こちらは「ニチハ」というメーカーの「パミール」という屋根材です。
2000年を境に健在にアスベストを使用できなくなったため、ニチハさんは薄いスレートを何層にも重ね高温で圧縮する手法で作ったスレート材を発売しました。
しかし、このスレート材は写真の通り層と層が剥離してしまう「層間剥離」という現象を引き起こしてしまい、比較的早い段階でぼろぼろになる建材となってしまいました。

パミールは層を重ねて作られるため、表面に塗装をしても一番上の層から剥がれてしまうので塗装メンテナンスは意味がありません。
ですので、屋根塗装ではなくカバー工法による屋根改修工事などをおすすめします。

柏市A様 屋根補修・塗装
印西市M様 屋根補修・棟板金交換
棟板金とは、スレート屋根の一番てっぺんにかぶせる金属の山形の板のことです。これがないと雨水が入ってきて雨漏りの原因になってしまいます。

お家の経年の挙動で、棟板金を留めている釘が少しずつ飛び出してきます。釘が飛び出て留めている力が弱くなると、棟板金が浮いてしまいます。

下地の木材が腐食していなければ、飛び出した釘を打ち込み釘頭にコーキング処理を行いますが、下地の木材が腐食していた場合は下地木材を交換しなければいけません。

千葉市O様 ビフォー
千葉市O様 現場
棟板金の釘が飛び出すと、釘を伝って少しずつ雨水が侵入し、中の木材を濡らしてしまいます。
木材は濡れると腐食していくのでさらに釘がきかなくなり、いよいよまったく釘がきかなくなった時に、台風や強風で棟板金が飛んでしまいます。

台風の後によく「屋根が飛んだ」と聞きますが、だいたいはこの棟板金が飛んでいます。こうなってしまうと、棟板金と下地木材すべて交換になります。

先程ご紹介した症状以外に、板金同士の結合部のコーキングが劣化し破断していたり、アンテナ架台部分のサビからサビ汁が伝ってしまうなどの症状があります。

瓦屋根の劣化症状について

富里市K様アパート 屋根補修
富里市K様アパート 屋根補修
瓦がズレると、中の土に雨が当たり、土が膨張し、漆喰を押し出してしまいます。すると今度は土が流れ出していき、棟が崩れます。
このまま放置しておくと隙間から雨水が侵入し、雨漏りの原因になってしまいます。

棟の取り直し工事等でのし瓦のズレを直したり、丸瓦だけ設置し直したりします。

屋根の劣化症状の原因と対策
屋根の劣化症状の原因と対策
基本的に瓦屋根は長持ちしますが、地震や台風、落下物やアンテナ架台転倒などで割れたり欠けたりしてしまいます。

瓦の差し替え工事で対応できる場合と、葺き替え工事が必要な場合があります。

屋根の劣化症状を見つけたら

屋根の劣化症状の原因と対策
屋根は屋根材の種類によって、耐用年数や劣化症状も違います。屋根工事の種類や費用も大きく変動します。

屋根の劣化状況を正しく把握して、どのような工事が適切なのかを自分ではなかなか判断できません。
きちんと補修ができていないと劣化が進行してしまいます。また、高所作業は大変危険です。

屋根の異常に気付いたときは自分でどうにかしようとせずに、専門の業者にまかせましょう。

もっと詳しく知りたい屋根の事