難付着のサイディングボードを外壁塗装するポイント

2019082201
難付着サイディングボードとは、サイディングボードに無機コーティングや光触媒コーティングなどを施してあるサイディングボードのことをいいます。
汚れにくく耐久性が高いため、メンテナンス期間が長いことが特徴の外壁材です。

しかし、メンテナンスが難しい上に知識のない施工会社が施工すると不具合の原因になるため注意が必要です。

難付着サイディングボードの外壁塗装で失敗しないためにも、塗装する際のポイントしっかりおさえましょう。

難付着サイディングボードの見分け方

外壁のメンテナンスをしたいけれど、自宅の外壁が難付着サイディングボードで施工されているかわからない、家の設計書や仕様書をどこに仕舞ったかわからないという方でも見分けるポイントがあります。
2019082202
難付着サイディングボードは色あせしにくく、耐用年数も長いため築10年ほどではあまりチョーキング(白亜化)が発生しません。
築10年以上経過しているけれど外壁に艶が残っており、チョーキングも発生していなければ難付着サイディングボードである可能性が高くなります。

また、光触媒などの技術が外壁材に用いられ製品として広がり始めたのが2001年以降なので、新しい建物ほど難付着サイディングボードの可能性が考えられます。

なぜ外壁塗装の際に注意が必要なの?

通常の塗装の場合は高圧洗浄と補修を行った後、下塗り→中塗り→上塗りと塗装をします。しかし難付着サイディングボードの場合、コーティング部分が下塗り材を付着できないようにしてしまうのです。

光触媒コートの場合も下塗りを光で分解し、付着力を弱めてしまうため徐々に塗膜が剥離してしまいます。

下の画像は、他社で難付着ボードに通常の塗装を施してしまった事例です。

難付着ボードで塗膜が剥がれている
難付着ボードに通常の塗装
積水の難付着ボード_塗膜がベロンと剥がれている
セキスイの難付着ボードに塗装
難付着サイディングボードに通常の塗装をすると塗膜が密着せず、上の画像のようにベロンと塗膜が剥がれてしまう恐れがあります。

難付着サイディングボードを塗装するポイント

難付着サイディングボードは外壁塗装メンテナンスの際に注意が必要というだけで、塗装が全くできないということはありません。

専用の下塗り材を使用することで、難付着サイディングボードなどの塗料が付着しにくい外壁材にも塗装ができるようになりました。

・通常の下塗りと、専用の下塗りは何が違うのか
・難付着サイディングボードに、通常の下塗り材を塗装するとどうなるのか

をシャイン独自の実験で調べてみました。

2019082203
難付着サイディングボードに通常の下塗り材を使用して塗装をしたもの(左)、専用の下塗りを塗装したもの(右)を用意します。

今回難付着サイディングボードはケイミューの「エクセレージ・光セラ15 ARTIER」を使用しました。

2019082204
碁盤目状に塗膜をカット

2019082205
テープを使って密着性を確認

2019082206
通常の下塗り材を使用

2019082207
専用の下塗り材を使用

このように、難付着サイディングボードに通常の下塗りを行っても塗膜が密着していないことがわかります。
通常の下塗りでも一見塗装ができてるように見えますが、塗膜が密着していないので早い段階で塗膜が剥がれてきてしまいます。

難付着サイディングボードを塗装する際は、下塗り材の選定が非常に重要なポイントとなります。

難付着サイディングボードの種類と下塗り材

難付着サイディングボードを外壁塗装する際は、一般的に専用の下塗り材を塗布する必要がありますが、難付着サイディングボードの種類によっては通常の下塗り材でも塗装が可能な場合があります。

こちらはケイミューの光触媒処理が施されている「フィルテクト・光セラ16 ARTIER」を使用した実験です。
先程と同じく左が通常の下塗り材を使用、右が専用の下塗り材を使用したものです。

2019082208
カットしてテープで剥がします
2019082209
通常の下塗り材でも剥がれません
先程同じメーカーのケイミューのエクセレージで塗膜の剥離実験を行った際、通常の下塗り材では塗膜が剥がれてしまいましたが、フィルテクトでは剥がれません。


こちらは、ニチハのプラチナコート30が施されているMG・Fu-ge 
プラトストーン プレミアム(ELS212)を使用した実験です。

2019082210
カットしてテープで剥がします
2019082211
通常の下塗りでも剥がれません
上記の実験でわかるように、同じメーカーが出している外壁材でも、通常の下塗り材が使用できるものとできないものがあります。

ただ、こちらはあくまでも実験ですので、この外壁材は通常の下塗りが100%大丈夫というものではありません。その家の状態や環境によって使用できる下塗り材は変わってきます。

外壁塗装をする際は建材の特徴をしっかり熟知し、環境に適した塗料の選定が必要です。

サイディングボードの外壁塗装をする時は

2019082212
難付着サイディングボードはもちろんサイディングの外壁は、上塗りよりも下塗りの選定が長持ちの最も重要なポイントになります。

下塗り材が外壁材に適していないと、高額の外壁塗装を行ってもすぐはがれてしまう可能性があります。

昨今、各メーカーより高機能サイディングボードが多数販売されているので、下塗り材の選定には注意が必要です。外壁塗装を行う際は塗料だけでなく、建物と建築資材についてしっかりと知識を持った業者を選びましょう。


外壁塗装は下塗り→中塗り→上塗りの3回塗りを行えばいいものではありません。(株)シャインでは塗装が難しい外壁材を塗装する場合は、外壁塗装を行う前に塗膜がちゃんと外壁に密着するかの塗装テストを行っております。

外壁塗装をしたいけれど難付着サイディングボードの外壁かも・・・とお悩みの方や、自宅の外壁材が何かわからなくてどんな塗装をすればいいかわからないという方はもちろん、塗替えしにくい外壁もぜひ(株)シャインにご相談ください!


201903nm02
野田市 塗布テスト実施後難付着サイディングボードをクリヤー塗装
柏市K様邸 アフター
柏市 難付着サイディングをダイヤモンドコートで外壁塗装
つくば市M様 アフター
つくば市 直貼り工法の難付着サイディングの塗替え
tenken01
tenken02
tenken03