下地調整で塗装の出来栄えは決まる!? 豆知識

こんにちは臼倉(うすくら)です。
下塗り前に外壁のヒビ割れや痛んでいる箇所を補修する「下地調整」という作業があります。
仕上がりを美しくするだけではなく、雨水の侵入を防止する為には重要な作業となります。
大きなヒビ割れや傷のある箇所にはコーキング、パテ、モルタルと言ったものを塗り込み滑らかになるように整えていきます。
下地調整には旧塗膜を剥がしたりする工程や、ヤスリ等を使いわざと表面を荒らして塗料の乗りを向上する為に「ケレン」と呼ばれる作業もあります。
古いモルタル壁にはクラックと呼ばれるひび割れが入りやすくなります。
どんなにちいさなクラックや隙間でも雨水は侵入しますので、下地処理が必要です。
上からコーキング材を塗るだけで終えてしまうケースも多いですが、特に心配な箇所にはヒビに沿って「Vカット」工法を行い
十分な幅と深さを確保してからコーキングを盛りつけます。
シーリング材の密着を良くするためにはプライマーの塗布等見えない所に丁寧な仕事を行うのがプロの仕事と言えます。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。


豆知識その1
豆知識その2
豆知識その3
豆知識その4
豆知識その5
豆知識その6