モルタル壁の塗装見本板作成【リシンやジョリパット】

外壁塗り替えの仕上がり見本板は、基本的な模様ならばメーカーに依頼して仕上がりイメージの見本板を作成して頂けますが、特殊な模様の場合は仕上がりの色の見本板しか確認できず、質感などが判りません。

そこで弊社では、仕上がりの色だけでなく質感も感じて頂けるように、特殊な外壁模様の場合に、手作りで出来るだけ現状の模様に近づけた見本板を作成しております。

塗料には、色はもちろん艶有~艶消、骨材入りなど様々な種類があり、模様によっても仕上がりの肌感が変わってしまいます。
一般的には色見本のみで選んで頂く場合が殆どでしたが、それでは仕上がりに差が生まれてしまい、
「思っていたのと少し違う」
といったご意見も以前にはございました。


リシン吹き多め作成
現在でも使用されている一般的なモルタル壁住宅に多いリシン吹き。
塗料に石粒(骨材)が入っているので、ザラッとした仕上がりが特徴です。
色あせが目立ちにくく透湿性にも優れていますが、コケや汚れがこびりつき易い傾向にあります。

同じリシン吹きと言っても、現場職人のガン吹き量によって、塗料の塗布量に違いが出ます。
塗り替え時は、既存のリシン吹きの量が多いとそれだけザラザラなので塗料を多く使わないと仕上がりが悪くなる事もあります。

各お客様の現状の模様に合わせて弊社の資材置き場で見本板を作成しているところです。


リシン吹き多め作成後
ご覧いただいた方の中には、「我が家の外壁に似ている!」
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

昔からよく使用されていた塗材ですが、現在でも新築時にまだまだ使用されているケースが多い模様の一つです。
この上から着色して、仕上がりのカラー見本板になります。


出隅用石張り装飾見本板作成
続いてこちらは、あまり多くの住宅では使用されていませんが、
デザイン住宅などではたまに見かける事が有るかと思います。

建物のコーナー出隅用の石張り調装飾材といいます。

今回のお客様は、現場で手作りで作られた石張り調でしたので、弊社で既存の形状に似せて作成してみました。
モルタルで形を形成した上に、自然の石のように着色して仕上げます。
ディズニーシーのミラコスタホテルの建物をよく見るとお分かり頂けると思いますが、実は本当の煉瓦や石材を使わずに左官でモルタル形成し着色している部分が多いんですよ!



出隅用石張り装飾見本板作成後
下塗りまで塗布した状態で止め、あとはお客様の希望色で着色して何パターンか作成してご提案できる状態になります。

作業に数工程も必要な手間が掛かる模様も有りますが、特殊なものほど弊社の職人は楽しみながら作成しますし、知識にも腕にも深みが出るので採算度外視で作成しております。

「我が家のこの部分に何か手を加えられないかな?」とお感じの方がいらっしゃいましたら、一度弊社までお声かけしてみて下さい。

外壁塗装に限らず、塀のオリジナル仕上げ、駐車場の床の石目調塗装などもお受けしております。