直貼り工法か通気工法かサイディングの塗り替え適正診断|千葉県松戸市

築15年前後のサイディングには、取り付け方法の明確な基準が曖昧でした。
そのため、サイディング裏に通気層を設けない「直貼り工法」とサイディング裏に胴縁を回して通気層を確保する
「通気工法」のどちらでも建築可能でした。

当然、建築コストを抑えた建売住宅などでは、一工程少なくて済む「直貼り工法」がほとんどの住宅で採用されています。
ある程度年数が経ち、直貼り工法の弱点である壁内結露が原因で凍害などの不具合が多く発生し、新たに品確法なる基準が設けられて、サイディング張りの際は通気工法を推奨される様になります。

直貼りの図
図のように木造の構造材の表面に防水紙を貼るまでは通気工法も同じですが、その上に直にサイディングを貼ってしまう状態を「直貼り工法」といいます。

直貼りにより塗装膨れ
直貼り工法のサイディング外壁は、サイディング表面からある程度通気(呼吸)出来ている事も有り、10年程度経過しても症状が出ていないケースも良くあります。
ですが、外壁の塗り替えなどでサイディング表面に緻密な膜を形成してしまう事によって、通気(呼吸)出来なくなった外壁が、表面に塗装した塗膜を押し上げて膨れてしまう症状です。

こうなってしまうと、悪い部分をはがして補修するといった対処も意味がなく、再度膨れてしまいます。
全部の塗膜を剥がす様なことも現実的に厳しいので、取り返しのつかない事になってしまうんです。

「では、直貼りの場合は塗り替えはしないで張替えしかないのか?」

そんなことはないんです。
中にはサイディング自体の劣化が著しく、張替えか重ね張りが必要なケースもございますが、そこまでの症状になってしまった住宅はそんなに多くはないのでご安心ください。

「よくあるご質問」の「サイディングの直貼りについて塗替え時のご相談」でもお答えさせていただきましたが、条件はかなり限られるものの、塗料の選定を的確に判断すれば膨れの発生を防げる事が出来ます。
通常膨れが多い塗り替え塗料として、超耐久塗料や溶剤系塗料を使用した場合に多く発生しています。
そのほかに下塗りに微弾性系を用いてしまったり、上塗りに高弾性塗料を採用してしまった場合にも発生しています。

つまり、下塗りには厚膜にならないシーラー系を使用し、上塗りには水性系で更に出来るだけ通気性の高い塗料を選ぶ事が肝心です。

殆どの塗料に透湿性機能が有りますが、この場合の通気性とは別物だとお考えください。
超耐久系の塗料は特に強靭な膜を形成するため、厳密にいうと透湿性が低くなりがちなので塗料選択の際には注意が必要です。
万が一高級な塗料を使用して膨れてしまい、補修してもらっても再発が止まらなかったら後悔も大きくなってしまいますよね?

全国の塗り替えをお考えの皆様、
とにかく「塗装専門店だから」とか「性能が良い塗料だから」とか「大手だからとか」で即決しないようにしてくださいね。
必ず、相見積もりをここだというような業者数社に依頼して適正な診断なのかを判断してください。
首都圏内でしたら弊社の対応地域外でも知識豊富な会社をご紹介いたしますので。

膨れの可能性を低くする為のお勧め塗料は4~5種類ぐらいしか見当たらず
その中でもそれぞれで仕上がりや機能、耐久性が異なります。超耐久塗料は含まれません。

詳しくは、弊社お問い合わせ先までお気軽にお声かけ下さい。
「ホームページの社長の独り言をみて相談が有る」と言っていただくとスムーズです。


さて、今回の診断方法です。↓↓

シール材をカット
お客様からのご要望で、直貼りか通気かの状態をご主人の目で確認したいとの事でしたので、今回はこのような方法をとります。
通常は、ある部分をのぞき込んだり計測したりすれば「直貼り」か「通気」かの判断が可能なのですが、中には判断がつかない事も有り、その場合に今回の様な方法を取るケースも有ります。

まずは、既存の目地シール(コーキング)にカッターを入れて剥がします。


シール材の撤去
すると、シール材がこのように剥がれてきます。


サイディングを剥がす
バールなどであおると、サイディング材が浮いて内部の様子が目視出来る様になります。

白い紙がすぐ後ろにある事が確認できました。
よって、診断通り「直貼り」という事がお分かりいただけました。

調査後のシール充填
着工まで1か月ほどお待ちいただく時期でしたので、サイディングを元に戻して簡易的にシーリングの打ち直しをして終了です。


点検後のシール充填後
弊社にお声かけくださった当初、ご主人さんは最高クラスの塗料での塗り替えを希望されていましたが、今回の診断結果にご納得頂いて、少しグレードを下げてもある程度のご要望にお応えできる様な塗料でのご提案をさせて頂きました。

通常膨れが出る場合は1~3年程度で発生してくる事が多いのですが、点検も行い、いまだに発生はしておりませんでした。2年後の点検時に発生していなければもう出ないでしょう。

キレイに塗装をして終わるだけではなく、建物を守る塗装は、完工後数年経過してからが本当の力を発揮するものとシャインでは考えております。その経過報告として、自社点検の様子を随時アップしています。「シャインの定期点検実施の様子」にて定期点検の様子をご紹介しておりますのでぜひご覧ください。