日曜出勤組の職人たちが帰ってきたのでパシャリ!

自社の塗装職人たち

今日は日曜日。

通常は現場は休みですが、雨で押してる現場があり、出勤していた職人たちが夕方に帰ってきたので投稿してみました。

新しいユニフォームも出来上がってきたので初のお披露目になります。

ユニフォームに刻んだ思いは・・・
「技と誇りをこの一技に」

『技』とは、年月を重ねた数で決まるものではなく、仕上げの上手さで決まるものでもなく、マニュアルが決める物でもなく、基準は最低限だと捉え、長く美しくを徹底的に、一工程一工程の重要性と意味を熟考し、そのすべてを総じた施工を技という。

『誇り』とは、私たちが取り組んでいる仕事は世の中から見たらペンキ職人、屋根職人、ブルーカラー、どかた、作業員と、ひとくくりに見る人もいる中で、確かに手抜き仕事をする職人も多く、体力バカなら誰でも出来る様に見える業種かもしれない。
でもシャインが届けている塗装工事や屋根工事などの外装リフォーム工事は、そんなもんじゃない。
お客様の求める価値を最大限の品質としてお届けするために、日々を錬磨しながら施工している。
子供にも胸を張ってお父さんは職人だよ!と言える仕事をしているから余計に中途半端は出来ないししたくない。


そんな思いの詰まった一文の、
派手ではないけど、なんとなく心にズシっとくる様なユニフォームにしてみました。

子供がパパの仕事している背中を見ていて、お客様の家を守る価値ある仕事だよ、というメッセージを込めて。

これからますます深刻化する建設業界の人不足ですが、こういった年齢的にも全盛期で私たちのような会社から誇りを持て、夢を持て、魅力を感じられる様な素晴らしい仕事なんだという業界体質に変えていかねばなと感じるこの頃です。

微力ながら・・・。

本当にやりがいがあっていい仕事だと思いますけどね。

久しぶりの投稿は、相も変わらず思ったままを書き連ねて結局まとまりませんでした(^-^;