野田市 ベランダからの雨漏りを補修 ダイヤモンドコート1年目点検

千葉県 野田市 A様邸 ダイヤモンドコート1年目点検

t201704na01
千葉県野田市A様からは、インターネットのホームプロからご依頼を頂きました。

ベランダから雨漏りした経験があるので、ベランダ防水をしっかりやりたい。また屋根材がパミールなので改修したい。コーキングや基礎部とタイル床の取り合い部の割れが気になるので補修したい、とのご希望でした。

雨筋が発生しているベランダ周りでサイディングボードが著しく吸水しており、凍害が発生していました。
凍害が発生している箇所は特に脆くなっている箇所ですので、塗装前にしっかり素地強化を行いダイヤモンドコートで塗装をしました。

今回の1年目点検では、ダイヤモンドコートの特徴でもある、輝きもしっかりと保持しております。
塗膜の状態は非常に良く、撥水性もしっかりと機能しており、とても良い状態だといえます。

t201704na02
施工前

t201704na03
施工後1年目

目地部のコーキングに凝集破断がみられます。コーキングは経年で硬化し、追従性が弱くなってきますので、地震等の建物の挙動によって破断してしまいます。破断すると雨水の浸入を許してしまいますのでコーキングの打ち替え工事を行いました。

新たに打ち直したコーキングの破断等の不具合はなく、ツヤも柔軟性もあり非常に良い状態を保持しておりました。

t201704na04
施工前

t201704na05
施工後1年目

A様は、屋根材が問題のあるパミールであることを認識していらっしゃいました。パミールの屋根は塗装が不可ですので、IG工業のスーパーガルテクトのカバーで施工いたしました。

1年目点検では汚れやサビは見られず、釘頭のコーキングもしっかり密着し、防水機能が保たれています。

t201704na06
施工前

t201704na07
施工後1年目

ベランダは勾配が取られておらず水たまりができるとのことでしたので、勾配をつける工事を行った後防水工事を行いました。

また、雨漏りの原因になりそうな箇所はコーキング処理を行いました。
雨筋が発生している箇所には雨筋ストッパーを設置しました。

雨筋ストッパーを付けましたが、1年目点検で多少雨筋が見られました。
建物の構造上雨筋ストッパーを設置した箇所以外からも雨が流れてしまうので、引き続き様子を見ながら対応を行うことにしました。

t201704na08
施工前

t201704na09
施工後1年目

集水器、雨樋の様子です。 紫外線や雨・雨だれなど影響を受けやすい箇所ですが、塗膜の剥がれや色褪せなども見られず、良い状態を保持しております。

t201704na11
雨樋

t201704na10
軒樋

シャインスタッフより

ベランダの雨筋が発生している箇所以外は、全体的に良い状態を保持していました。
雨筋が発生しているベランダは、今後も定期的に様子を見てしっかり対応させていただきますので、今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、点検の日を待たずにいつでもお気軽にご連絡くださいね。

A様より多くのご近所様をご紹介いただき、多くの外壁リフォームを施工させていただきました。
施工させていただいたお施主様から評判もよく、嬉しい限りです。
これからも弊社で施工を行ったお客様に快適な暮らしをしていただけるよう、できる限りの対応をさせていただきたいと思っております。

千葉県野田市のA様、気になることがございましたらいつでもご相談ください!


【施工時に使用した塗料】

【施工で使用した屋根材】
tenken01
tenken02
tenken03