印西市 屋根材が欠損した屋根をカバー工法で改修 3年目点検

千葉県 印西市 M様邸 3年目点検

t201512im301
千葉県印西市M様邸の3年目点検にお伺いしました。

近隣の住宅を施工していたところ、M様邸の屋根材が欠損しているのを発見しお声がけさせて頂きました。
M様邸の屋根は前回塗装をした業者の施工不良により、屋根材が欠損するほど劣化が激しい状態でした。

屋根材の劣化が激しく、塗装での対応が不可能だったので「D'Sルーフィング ディプロマットスター」でカバー工法を行い、屋根改修工事をしました。

t201512im302
施工前

t201512im303
施工後3年目

3年目の定期点検では、サビや汚れ、板金の浮きなどは見られずとても良い状態を保っていました。

施工前ボロボロだったケラバも不具合はなく、塗膜が剥がれていた幕板も施工後3年経過しても新たに塗膜剥がれはなく、しっかり塗膜は密着していました。

シャインスタッフより

全体的に不具合はどこも見つからず、とてもいい状態を保持しておりました。
施工前屋根材とケラバが吸水しボロボロになっていましたが、3年目点検では、不具合も見られず良い状態を維持していました。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、点検の日を待たずにいつでもお気軽にご連絡くださいね。
弊社で施工を行ったお客様に快適な暮らしをしていただけるよう、できる限りの対応をさせていただきたいと思っております。

千葉県印西市のM様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!


【施工時に使用した屋根材】

tenken01
tenken02
tenken03