葛飾区 ALCの外壁を2色で外壁塗装 2年目点検

東京都 葛飾区 I様邸 2年目点検

t201512ki01
東京都葛飾区のI様邸に、施工後2年目点検にお伺いしました。

葛飾区のI様の外壁は多少汚れや色あせがあるものの、大きな欠損や亀裂はなく良い状態を維持しており、大掛かりな工事は行わず塗装メンテナンスができる状態でした。

外壁はALCパネルが採用されており、パネル間は全てコーキングが打ってありその上に塗装がされています。コーキングは割れや破断もなく良い状態を維持していました。

t201512ki02
外壁塗装前

t201512ki03
塗装後2年目

施工当時、外壁の隙間に打たれているコーキングは割れや破断もなく良い状態を維持していました。
再度外壁塗装をすることにより、施工後から2年後もコーキングはしっかり塗膜で守られていました。

パーフェクトトップで2色で塗り分けた外壁は汚れやひび割れがなく、良い状態でした。

t201512ki04
補修・塗装前

t201512ki05
施工後2年目

施工前の破風板は色あせし、繋ぎ目のコーキングが破断しており、破断箇所から雨水が侵入し塗膜劣化を引き起こしていました。

劣化したコーキングを撤去して新しくコーキングを充填し、塗装をしました。施工後2年経過しましたがコーキングに不具合はなく、塗膜の劣化もみられずいい状態を維持していました。

t201512ki06
施工前の屋根

t201512ki07
2年経過後の屋根

屋根を施工する前は割れが複数箇所で発生していました。しっかり補修をした後サーモアイSiで塗装をしました。
今回の点検で補修を行った箇所の不具合はなく、割れの再発も新たな割れも見つかりませんでした。

t201512ki08
シャッター

t201512ki09
雨樋・軒天

シャッターは施工から2年が経過しましたが、綺麗な状態をでした。サビの発生もなく、しっかりと塗膜も密着しておりました。

下から見上げた軒天はしっかり塗膜が密着しており、塗料の機能をしっかりと発揮しておりました。

そこから伸びる竪樋も、3年が経過しましたが色褪せや塗膜の剥がれなどはなく、施工当時の艶もそのまま保持しておりました。また、水漏れなどもなく、とてもいい状態を保持しておりました。


シャインスタッフより

全体的に不具合はどこも見つからず、とてもいい状態を保持しておりました。
施工前に痛みの激しかった破風版は、施工から2年経過後も良い状態を維持していました。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

東京都葛飾区のI様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!