流山市 難付着・直貼りサイディングの外壁塗装と屋根のカバー工法 2年目点検

千葉県 流山市 K様邸 2年目点検

t201703nk01
千葉県流山市K様邸の2年目点検にお伺いしました。
流山市K様は高額でも長くもつ(次回メンテナンスまでの期間を長くする)メンテナンスをご希望でした。

外壁のサイディングボードが直張り工法で設置されており、サイディングボード自体も難付着ボードと呼ばれる塗料が密着しにくい外壁材でしたので、塗装する塗料はきっちりと適合するものを選びました。

屋根はノンアスベストであった為数箇所で割れがあり、お客様の要望する耐久力を実現するためにディプロマットでのカバー工法を提案しました。

K様邸は直貼り工法で施工されており、内部結露が発生した際に、湿気が内側から給水され乾くと元に戻る「湿乾伸縮」を繰り返しサイディングボードが脆くなっていました。
酷く劣化していた箇所の外壁は、サイディングボードの一部を取り替え、塗装工事を行いました。

2年目の点検では、塗膜の不具合や、サイディングボードの割れなども見られず良い状態を維持していました。

t201703nk02
施工前

t201703nk03
施工後2年目

屋根はノンアスベストの屋根材が用いられており、屋根材に多数の割れが見られました。
今回塗装をして防水性を上げても、すでに吸水して脆くなってしまっている部分を回復することはできません。

屋根塗装ではなく屋根リフォーム(カバー工法)でメーカーの30年保証の「D'Sルーフィング ディプロマットスター」を採用して頂きました。

2年目の点検では重大な汚れは見られず、釘頭に乗せたコーキングも全ての釘頭においてしっかりと定着しておりました。

t201703nk04
施工前

t201703nk05
施工後2年目

幕板、雨樋、軒天の様子です。 紫外線や雨・雨だれなど影響を受けやすい箇所ですが、塗膜の剥がれや色褪せなども見られず、良い状態を保持しております。

t201703nk06
雨樋・軒天

t201703nk07
幕板

シャインスタッフより

全体的に大きな不具合はなく、いい状態を保持しておりました。
施工前サイディングが酷く劣化していましたが、2年目点検では塗膜がしっかり密着しており、不具合も見られず良い状態を維持していました。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、点検の日を待たずにいつでもお気軽にご連絡くださいね。
弊社で施工を行ったお客様に快適な暮らしをしていただけるよう、できる限りの対応をさせていただきたいと思っております。

千葉県流山市のK様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!


【施工時に使用した塗料】

tenken01
tenken02
tenken03