守谷市 2回目の外壁塗装工事 4年目点検

茨城県 守谷市 A様邸 4年目点検

t201410ma01
茨城県守谷市のA様邸に、施工後4年目点検にお伺いしました。

守谷市のA様は、幕板や破風板に塗膜の剥がれが出てきて2回目の塗替え工事をご検討なさっていました。施工中留守がちになられるという事で安心して施工を任せられる施工店をお探していました。

施工当時外壁はチョーキングが発生していましたが、ひび割れ(クラック)など大きな補修を必要とする劣化は見られませんでした。

サイディング目地のコーキングに凝集破断が見られたので打ち替え工事を行いましたが、施工後4年経過後も目地の亀裂はなく、シーリングに柔軟性がしっかり残っているため、まだまだ良い状態でした。

t201410ma02
施工前

t201410ma03
施工後4年目

屋根は前回耐久性の高い塗料を選ばれて塗り替えたとのことでしたが、下塗り材の乾燥時間を待たずに上塗り材を塗ってしまったのが窺えます。そのため、各所に塗膜の剥がれがみられました。

施工後4年目点検ではやや色褪せがの様子が見られましたが、塗膜自体は剥がれもなく、ツヤも残っているので、塗膜はちゃんと機能しているといえます。

t201410ma04
施工前

t201410ma05
施工後4年目

切り妻側は板金が巻かれており、全体的に劣化もなく良い状態でした。ですが、切妻側以外の木部破風板では塗膜の剥がれが見られました。電動工具を使用して、徹底的に劣化した塗膜の除去を行った上で塗装工事を行いました。

今回の点検では少し汚れが見られたものの、塗膜の剥がれも発生しておらず良い状態を保っていました。

t201410ma08
施工前

t201410ma09
施工後4年目

施工当時幕板にはチョーキングや色あせ、コーキングの劣化の症状以外に塗膜の膨れが発生していました。これは前回塗装時に下塗りが乾燥する前に上塗りを塗ってしまったか、素地が乾燥していない状態で塗装をしたことが原因と言えます。

劣化塗膜を除去してしっかり下地処理をした後塗装を行ったので、現在も塗膜の膨れや剥がれは見られず美観を保っていました。

t201410ma08
施工前

t201410ma09
施工後4年目

下から見上げた軒天はしっかり塗膜が密着しており、塗料の機能をしっかりと発揮しておりました。

窓枠化粧板もとてもコーキングや塗膜の劣化は見られず、良い状態を保持していました。

t201410ma10
軒天

t201410ma11
窓枠化粧板

シャインスタッフより

全体的に不具合はどこも見つからず、とてもいい状態を保持しておりました。
施工当時に不具合があった幕板や、破風板は4年経過後も良い状態を保っていました。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、点検の日を待たずにいつでもお気軽にご連絡くださいね。
弊社で施工を行ったお客様に快適な暮らしをしていただけるよう、できる限りの対応をさせていただきたいと思っております。

茨城県守谷市のA様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!