クラックの原因

住宅のクラックができる原因は色々と考えられますが、
クラックはそのまま放置してしておいても良くなることなく、
場合によっては住宅に大きなダメージを与えかねません。
クラックは新築2〜3年で出来てしまうこともあります。

そこで今回はクラックの出来る原因と対応策についてお話しようと思います。

クラックはモルタルやコンクリートは収縮したときに出来るのですが、地震による揺れや、道路工事による地盤の歪み、構造耐性の弱い建物、コンクリートの中性化などが有ります。
鉄筋コンクリートの場合、そのクラックに雨水が浸入して中の鉄筋を錆びさせてしまうために爆裂という症状が起こる事も有ります。

このようなクラックを見つけたときは信頼できる業者に相談することをおすすめします。

現在の住宅の状態を正しく判断してもらい、
その状態に合わせた補修をする必要があります。

住宅にダメージが出る前に、早めに業者の人に相談するのが得策です。

--------------------------------------------------------------

千葉県千葉市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。
https://shine-paint.com/

--------------------------------------------------------------