外壁のヒビ割れを放置すると起こること


外壁にひびが入っているのを見たことはありませんか?
ひびが入っていたとしても、すごく細くて小さいものだったら放置してしまっている方も少なくないと思います。

実はそのひびを放っておくと嬉しくないことがおこります。

それは雨漏りが起きるようになることです。
ひびの隙間から雨水が内部に入り込み、室内に湿気がこもることによりカビの発生につながります。
一度カビが発生してしまうと、壁紙を貼り替えなければ根治することができなくなってしまいます。

そもそも壁にヒビが入る原因としては、地盤が弱いために家が傾くことによる場合があります。
躯体そのものに亀裂が入り、それが外壁塗装にも影響を与えてしまうわけです。
この場合には躯体そのものに雨水が染み込むことにより劣化が進行するようになり、建物の寿命を縮めてしまいます。
この場合には、土台そのものから手を加えて直す必要があります。

あるいは外壁塗装の劣化によってヒビが入るケースもあります。
この場合、雨水など水分が内部に入り込む前に外壁塗装をし直すと、カビや内部の腐食は防げるので早急に手配することが大切です。
下地処理からきちんとし直すことによって雨漏りを防ぐとともに、家の断熱性を高めることにつながります。

-------------------------------------------------------------

千葉県野田市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------