千葉県 船橋市 N様 レンガ調の柄をいかした外壁クリア塗装

外壁塗装・屋根補修概要

ビフォーアフター

before1
18050907
vertical1
after1
18050909
千葉県船橋市のN様より、定期メンテナンスのご相談がありました。

外壁のレンガ調の柄はそのまま残したいとご要望がありましたので、クリア塗装を提案させていただきました。
また、屋根には塗膜の剥がれが見られ、棟板金に釘の浮きが見られました。一部釘が抜けてしまっているところもあり早急に対処が必要な状態でした。

施工範囲の保証期間

施工範囲
【外壁塗装】
弱溶剤 UVプロテクトクリア シリコン
外壁クラック補修
目地部、サッシ周り一部コーキング打ち替え工事
サッシ周り、幕板上場コーキング打ち増し工事


【付帯塗装】
軒天塗装工事
破風版塗装工事
雨樋塗装工事
水切り塗装工事
出窓天板塗装工事
幕板塗装工事
その他配管等小物塗装工事

【屋根塗装】
下地調整・高圧洗浄
縁切り処理及びタスペーサー02挿入作業
下塗り(2~3回塗)ファイン浸透造膜シーラー
上塗り(2回塗)ファインパーフェクトベスト

【屋根塗装付帯工事】
釘打ち込み、釘頭・ジョイント部シーリング処理
項目 工事内容 保証年数
外壁 塗装工事
UVプロテクトクリヤー シリコン
8年
付帯 塗装工事
ファインパーフェクトトップ
色番:ブラック
3年
屋根 塗装工事
ファインパーフェクトベスト
色番:ブラック
8年
目地シール 打替工事
オートンイクシード
破断7年

外壁補修・塗装

18050901
18050902
外壁に発生していたクラックは0.3mm以下のヘアークラックでしたので、弾性パテで補修しました。
18050903
18050904
弾性パテで補修した後は、補修跡が目立たないよう塗装をします。

18050905
18050906
外壁をお調べした所、「30倍顕微鏡でのチェック」等から「難付着ボード」である可能性が非常に高い外壁でした。
付着ボードの場合、通常の下塗りでは直ぐに上塗りが剥がれてしまう為、専用の下塗り材を塗布する必要があります。
しかし、クリア塗装の場合は下塗り材が入りませんので、クリアが密着するかを事前に塗装テストしなければなりません。事前に塗装テストをした後に、UVプロテクトクリアー シリコンで塗装いたしました。

180509015
180509011
コーキングが劣化し、中央部から割れてくる凝集破断が見られました。
凝集破断は、劣化して硬化したコーキングが地震などの揺れで割れてくるものです。
クリア塗装を行ったので、コーキングは塗装の後に打ち込むことになります。
なぜコーキングをクリア塗装の後にするのかは
で紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

塗膜を傷付けないように、丁寧に劣化したコーキングを専用の道具で撤去していきます。
180509012
180509013
塗装面にコーキングが付いてしまわないように、マスキングテープで養生をします。
撤去した後は、接着剤となるプライマーを塗っていきます。プライマーを塗った後は、コーキング剤を打ち込みます。
今回は高耐候性の「イクシード+15」を使用いたしました。


屋根補修・塗装

180509016
180509017
スレート材の屋根にはコケが生えており、塗膜が剥がれているところはセメント素地が見えて白っぽくなっています。
使用されている屋根材は塗膜が弱いため、高圧洗浄の際にほとんど塗膜が取れてしまい、真っ白になります。
高圧洗浄後にはほとんどの部分が白っぽくなり、セメントが露出した状態となっています。
180509018
180509019
屋根材の主な材料となるセメントは吸水つまり液体を吸い込むので、液体である下塗り材も吸い込みます。
下塗り材とは基本接着剤の役割を果たす塗料の事で、接着剤は表面に出ていないと効果がありません。
その為、吸い込みが止まるまで下塗り材を塗布し続け、表面に接着剤が出てきたのを確認してから塗装致します。一回の下塗りでは足りないため、下塗り材が浸透するまで数回塗装しました。
下塗り材がしっかり浸透したのを確認後、上塗りでファインパーフェクトベストを塗装しました。

180509022
180509023
釘頭には、コーキングを盛り付ける事により経年による抜けの防止や、微細な雨水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと繋ぎ目や釘頭にコーキング処理を行いました。

180509020
180509021
棟板金も下塗り、上塗りと塗装をしていきます。


付帯塗装

180509024
180509025
破風板のコーキングも経年劣化により破断していたので、既存のコーキングを撤去して新しく打ち直しました。
180509026
180509027
破風板は劣化しやすい場所なので、しっかり塗装もしていきます。

180509028
軒天塗装
180509029
出窓塗装
軒天や出窓は特に劣化が見られませんでしたが、他を塗り替えると汚れが目立ってしまうので塗装をしました。
180509030
雨樋塗装
180509031
水切り塗装
塩ビ製の雨樋は外側は色褪せが見られました。また、留め具はステンレス製ではなく、何故かスチール製のものが使用されており、既にかなり錆びておりました。このままにしておくとボロボロになり、穴が開いてしまいますので、ケレン→サビ止め→塗装を実施しました。
水切りもスチール製でしたので、ケレン→サビ止め→塗装を実施しました。


完成

18050909
最後に点検をして完成です。
船橋市のS様、今回の屋根リフォームと外壁塗装では大変お世話になりました。
アンケートも丁寧にお答え下さって、ご満足評価もいただけて嬉しく思います。
定期点検の際にはご案内をお出ししますので、今後ともよろしくお願いいたします。
180509033