夏の外壁塗装のポイント

夏の外壁塗装のポイント

18061401
外壁塗装を施工するにあたり、夏は気温が高いため塗料が早く乾きますが、ゲリラ豪雨など突発的な天候の変化も起こりやすい時期です。
これからやってくる暑い夏に向けて、外壁塗装をする際のポイントをご紹介します。


夏に塗装を行うメリット

18061402
外壁塗装は、塗料を1回塗ったら完了ではありません。下塗り・中塗り・上塗りと重ね塗りをするため、それぞれの段階で十分に塗料を乾かす時間を確保しなければなりません。乾いていない上に塗料を重ねても、塗料本来の性能が発揮されず、後々不具合が発生する可能性が高まるため、しっかり乾燥させることが非常に重要です。


下塗り・中塗り・上塗りそれぞれの塗料が十分に乾いていないと、次の工程に進めないので、工期に遅れが発生してしまいます。そのため、日照時間が長く塗料の乾燥が早い夏は、スムーズに施工を進めることができます。


夏に塗装を行うデメリット

18061403
夏はゲリラ豪雨など突発的に天候が崩れ、作業が中断してしまう可能性があります。
夏場の晴れていて気温が高い日でも、夕立が起こりやすいかどうか天気予報をしっかり確認し、状況を見て外壁などの塗装を行います。天気予報を十分に考慮して作業を進めてまいりますが、万が一雨が降ってきたら塗装を中止します。

外壁塗装をして乾燥時間が不十分な状態で、ゲリラ豪雨など急な雨が降ってしまい塗装に影響がある時は、塗料がしっかり乾燥した後に外壁の状態を確認しもう一度丁寧に塗り直します。
急な天候の変化が影響して塗り直しをする際、追加の塗料の代金はシャインで負担しますのでご安心ください。


18061405
外壁塗装を行うときは、あらゆるものに養生をします。
養生とは、塗装面以外に塗料がつかないように、シートや養生素材などで覆うことです。外壁塗装をする際は、窓やエアコンの室外機にも養生をします。

そのため、夏だけに限りませんが、外壁塗装中は窓や網戸を開けることができません。特に夏の蒸し暑い日は、換気ができないことに息苦しさを感じられるかもしれません。また、窓を開けることができても、塗料の匂いが家の中に充満してしまうので、十分な換気は難しくなります。


室外機にも養生をするので、エアコンが使えなくなることもあります。シャインでは外壁塗装中もお客様が快適に過ごせるよう、窓を開けられるように養生したり、エアコンが使えるよう養生するように配慮しております。心配な点が有りましたら、お気軽にご相談ください。


18061404
夏の外壁塗装は気温が高く、特に屋根の上は日光を遮るものがないので地上と比べると暑くなります。また、足場は金属製ですので足場も非常に熱くなります。職人さんも作業がしにくく、体力を奪われてしまいます。


最後に・・・

18061406
夏の外壁塗装にはデメリットが多くありますが、塗料の乾きが早く工期が短く済む事が多いので、デメリットを我慢する期間も短くて済みます。


夏しか外壁塗装を行う時間が取れなくなっても慌てないよう、家主の生活に配慮してくれる業者や、塗料の使用ルールや性質を十分理解した業者など、夏場でも快適な外壁塗装が行える優良業者を選ぶようにしましょう。外壁塗装をすることが決まったら、エアコンや洗濯物、生活に関わる問題はしっかりと事前に塗装業者に確認しておき、夏の外壁塗装を乗り切りましょう。



(有)シャインは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、多方面からもご相談だけでなく、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。