船橋市 雨漏りをカバー工法で屋根改修 2年目点検

千葉県 船橋市 G様邸 2年目点検

t201604fg01
船橋市のG様より、押入れで雨漏りしていると、雨漏りのご相談がありました。

お調べしたところ、明らかな漏水箇所は見当たりませんが、主棟板金に隙間がみられました。
一部の主棟部は釘で固定されておらず、手で浮かせられる状態でした。
雨漏りの原因が複数考えられるため、完全に雨漏りを止めるためにカバー工法にて屋根改修を行いました。

上の写真のように、屋根には雨漏りの原因と考えられる症状が複数箇所ありました。縁切りも大切な処理のひとつですが、G様の屋根では処理されていませんでした。

今回は漏水の原因が複数考えられる為、ピンポイントでの補修が困難でした。そのため、カバー工法にて屋根改修工事を行いました。

t201604fg02
施工前

t201604fg03
施工後2年目

屋根リフォームから2年経過後も全体的に見たところは何も問題がない様に見えます。
釘頭に乗せたコーキングも、全ての釘頭においてしっかりと定着しておりました。
雨漏りの再発はなく、全体的にとても良い状態を維持していました。

シャインスタッフより

施工前は雨漏りがひどく、押入れに雨染みが出来ていましたが、4年目点検では不具合も見られず良い状態を維持していました。

今後何かお気づきの点や、気になる箇所、お困りの事などございましたら、点検の日を待たずにいつでもお気軽にご連絡くださいね。
弊社で施工を行ったお客様に快適な暮らしをしていただけるよう、できる限りの対応をさせていただきたいと思っております。

千葉県船橋市のG様、次回の定期点検でお会い出来る事を楽しみにしております!


【カバー工法で使用した屋根材】

tenken01
tenken02
tenken03