千葉県柏市の外壁塗装・モルタル造形工事店です。~倉庫外壁に開かない木製ドアを②~

千葉県柏市 モルタル造形 エイジング
今日は造形2日目
前回塗った下地モルタルの上にさっそく造形を進めていきます。

まずは、密着の為にカチオンシーラーを塗布
夏は乾きが早いので30分ぐらいおけば造形用モルタルが塗布可能です。



千葉県柏市 モルタル造形 石積み風
コーナー部は切り出した石を積んだようなイメージを表現します。

いろんな造形技術の研修も兼ねているので、様々なデザインを盛り込む予定です。
最下部はもともとそこにあった置石をそのまま利用して建物を建てたようなイメージに仕上げたいとの事でした。



千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア
ダミーの木製ドアになる部分に大雑把にモルタルを塗り広げます。

次の事も考えて厚みは大体1㎝未満ぐらいでしょうか。



千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア
道具はひたすら造形用のコテとブラシのみ。

木目を描き、節目もリアルをイメージしながら描いていきます。
深さや角度も後々着色する際にとても重要です。

周囲には石積みで枠取りました。
中世ヨーロッパ風で古城などに使用されていそうですね。
千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア
千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア
どうでしょうか?
すでに木材に見えてきませんか?

下の方は雨水がしみて腐食が進んだ木材をリアルに表現しています。
実際に場所によって朽ち方も違いますから、実物をよ~く観察することが技術向上のポイントかもしれません。



千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア

千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア
レンガの部分はラインを引いて、目地の部分だけを削ぎ落していきます。
なかなかに手間のかかる作業です。

今回のレンガは、アンティークレンガやナチュラルレンガではなく、角やサイズの成型がしっかりされたレンガを再現したかったので、大きさも正確に描きました。

クラック(ひび割れ)や欠けもリアルに再現するために専用コテやアイスピックを使用します。


千葉県柏市 モルタル造形 木製ドア
造形2日目はここまで。

ここまで来ればほとんど造形工程は終盤です。
左側の石積み風は研修も兼ねていろんな表情を試してみました。

レンガ部分も一か所一か所ストーリ―があるんですが、右上の部分は近年日本の住宅の主流であるサイディングのカタログから職人が試してみたいデザインをチョイスして描いています。

カタログや資料を見て再現する。
これもモルタル造形の醍醐味です。

3日目は造形最終日、塗り壁部分の『西洋漆喰』を仕上げていきます。

モルタル造形技術は
玄関周りとか、ベランダ腰壁とか、ブロック塀とか
もちろん新築時の外壁全面にも、外壁塗装など外壁のリフォーム時にも使用可能です。

内装にも使用できますので、
「ビニールクロスだとつまらない」
「暖色系の照明などを使って荘厳な雰囲気の部屋にしたい」
「暖炉があるような西欧風のレンガ壁にしたい」
など拘った空間造りには下地を選ばず施工可能です。

ショッピングモールなどの店舗では、重量物や可燃性のもは内装に使用できない事もあり実物を使用するとデザインに制限が掛かる為、造形ならあらゆる場所に適応可能なのも魅力的。

千葉県の柏市、松戸市を中心に周辺地域はもちろん、
東京23区や茨城県、埼玉県からのご依頼もお受けいたします。

外壁塗装や屋根リフォームの事なら
千葉県柏市の日本ペイント ダイヤモンドコート認定施工店
有限会社シャイン 代表の古住でした。