モニエル瓦(乾式洋瓦)への着色塗装

モニエル瓦のビフォーアフターと下処理

before1
DSC030091-e1476160585986

horizontal1
after1
9c52469cbf87d0e933cfddfc4f482d13-e1476160629289

下処理工程

6eb9402bd381d513fafc9f71f09b2508-e1476160684529
モニエル瓦(乾式洋瓦)のスラリー層が劣化してしまうと、瓦の表面が粉っぽくなってしまいます。
また、湿気を含みやすくなりますので、他の瓦より苔が発生しやすくなります。
密着の悪い塗膜層であるスラリー層をできる限り除去しなければ、いくら適した材料で施工しても性能を生かせませんので、より時間をかけて丁寧に洗浄していきます。
f1d75875d9e515c616550be36cd189c0-e1476160736518
屋根の棟包みは板金になりますので、防錆型のプライマーを塗布していきます。
少しでも塗り残しがあると、そこから錆が発生してしまう原因になりますので、ローラーを使用し、丁寧に塗布していきます。
d8456b3a2b5103647800063cdbac744b-e1476160775288
雪止め部も金属になりますので、防錆型のプライマーを塗布していきます。
ここは細かい作業になりますので、ローラーではなく、刷毛を使用して丁寧に塗布していきます。
ba4e3db81ccda201e44a1415912c6c93-e1476161117323
板金部を固定している釘が少し飛び出している箇所がありましたので、打ち込んでいきます。
飛び出したままにしてしまうと、強い雨や台風などで板金部が飛ばされてしまう恐れがありますので、しっかりと奥まで打ち込んでいきます。
5d1d23b0c73e2db1070f3ccc8f1b4010-e1476161153987
既存の劣化したコーキングを撤去したのち、コーキングとの密着力を高めるために専用のプライマーを塗布しました。
その後、新しいコーキング剤を奥までしっかりと打ち込み、丁寧に均していきます。
空気やホコリなどが入り込んでしまうといくら綺麗に均しても早期破断の原因になってしまいます。
乾燥時間も考慮しなくてはいけません。
簡単そうに見えて実はとても気の抜けない作業なんです。
完全に乾く前にマスキングテープを外したら、コーキングの打ち替えは完了です。
658c695da0c35e08b452aa6cd7f8fc09-e1476161053770
先ほど打ち込んだ釘頭にもコーキングを乗せていきます。
奥まで打ち込み、完全に固定されたように思えるのですが、このままですと強い風や雨、地震などによってだんだんと緩んできてしまいます。
新築の家ではほとんど行われない作業になりますので、塗替えやリフォームの際には是非行いたい作業です。
しっかり板金部に密着するように乗せ、乾燥したら完成です。
釘頭のコーキングも厚みを設けて盛り付けしていきます。
bba4183b82bdf2516b97772b6edde08d-e1476161232865
瓦の一部に割れがありましたので、補修していきます。
割れたままにしてしまうと、雨などの水が瓦の下に入り込んでしまい、雨漏りの原因になってしまいます。
割れて完全に離れてしまった箇所にコーキングを乗せ、割れた瓦をくっつけます。
b86e81d808a7756bc447d001a3787a52-e1476161310949
はめ込んだら隙間を埋めるようにまた上からコーキングを乗せ、丁寧に均していきます。

1a3023afd29c26bf23f5b621ad6be40e-e1476161376539
これで瓦の割れ補修は完成です。

着色塗装工程

スラリー強化プライマー工法

DSC03039-e1476161409845
瓦の小口が凸凹になっている瓦が乾式洋瓦です。
今までスラリー塗膜のある屋根瓦の塗り替えは、塗装後早い段階でスラリーの脆弱層から剥離してしまい、塗装は困難とされてきました。
今回採用のスラリー強化工法は、スラリー強化プライマーの開発により、この脆弱なスラリー層をタイトに補強し、強い付着性を付与する事が出来る工法です。
fc020b594237e5a17efd68658f1d29fc-e1476161484968
今回は、水谷ペイントの乾式洋瓦塗替えシステムの「スラリー強化プライマー工法」を採用し、下塗りには水谷ペイントの「水系シリコン」を使用いたしました。
モニエル瓦の塗装は、下処理やプライマー塗布量がとても重要なポイントになります。
流れるくらいたっぷりと塗布していきます。
7b548d888825a76ff83b52cd7478620d-e1476161556345
下塗り2回目

プライマーの塗布量が不十分な場合、基材への浸透及び強化が不十分という事になります。

メーカーの規定では「瓦の表面に濡れ感が出るまで」ですので、今回は下塗りを2回行いました。
水系シリコンは環境に優しい水系タイプです。
低臭、無公害で
人にも環境にも優しい塗料です。

下塗りを2回塗布することでより表層に塗り感が出ています。
下塗り適正量塗布は完了です!
cb95297a5dcfc376101ad19af3066f30-e1476161790261
水系シリコンは超耐候性を備えており、アクリルシリコン樹脂の連続塗膜が酸性雨などから屋根を守り、耐久性を格段に向上してくれます。
耐変色性も優れており、塗装したての鮮やかな色彩を長期にわたって維持し続けてくれます。
また、防カビ・防藻性もすぐれており、劣化を促進させてしまうカビや藻を長期にわたって防いでくれます。

99ea24c7071e85d5a197fde3204864f2-e1476161988352
上塗り2回目

水を溶媒に使用しておりますので、臭いや有害物質を揮発しません。
また、火災時の危険も減少してくれます。
2回目も1回目と同様に丁寧に隅々まで塗布して、屋根の塗装は完成です。
9c52469cbf87d0e933cfddfc4f482d13-e1476160629289

  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る