柏市

前回に引き続き外壁塗料のそれぞれの種類についてです。 今回は「シリコン系」」の塗料。 シリコン塗料とは、アクリル系塗料の一種で、外壁塗装には欠かせない存在です。 もっとも高いグレードはフッ素系が誇っていますが、シリコン系はその次に高いグレードとなっています。
屋根や外壁塗装の業者はたくさんありますが、残念な事に中には悪徳業者もいます。 そのような業者と契約してしまわないように、悪徳業者を見分けるポイントについてお伝えします。 まず、塗装工事は、相場が一般的に知られていないために、騙されやすい、という点を知っておいてください。 また、業者によって価格設定が異なるのも、わかりにくくなっている原因の一つです。
外壁塗装は家の美観を保つだけでなく、家の外装を守る役目をもっているので家を長持ちさせることができます。 外壁塗装に使う塗料には様々なものがありますが、よく使用されている塗料の1つが樹脂塗料です。 樹脂塗料にはアクリル樹脂塗料やウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料など樹脂を原材料にした塗料が複数ありますが、 樹脂が持つ"付着しやすい"という特性を生かした塗料になっています。
突然ですが、クリア塗料というものをご存知でしょうか? 塗料にはシリコン塗料やフッ素塗料など様々な種類がありますが、今回はクリア塗料についてご紹介いたします。 クリア塗料とは、外壁のそのままの色を出すために、透明の塗料を塗装することです。 もちろんクリア塗料には色の基となる顔料が含まれていません。
普段から屋根に注目して頻繁にメンテナンスをしている場合を除けば、多くの人にとって雨漏りは突然やってくるものでしょう。 気づいたのが朝であれば、その日のうちの専門業者に依頼して修理する事も出来るかもしれません。 しかし、夜であったり、すぐに来てもらえない場合は、自分たちの力で応急処置をしなければなりません。 どんな方法があるのでしょうか?
外回りリフォームの一つに外壁塗装があります。 外壁塗装は一度行えば良いといういうわけではなく、塗装してしばらく時間が経過すると再塗装をしなければなりません。 再塗装をする場合には、次の塗装までの期間を知っておく必要があります。
築年数が10年以上経過した住宅では、外壁にも様々な問題があります。 特に問題になりやすいのがクラックです。 クラックとは外壁に生じるひび割れや亀裂の事を指します。 このクラックには大きく分けて2つ種類があり、一つは構造的に発生する構造クラック、もう一つはひび割れの小さいヘアークラックです。
みなさん、塗料によって寿命がある事はご存知でしたか。 塗料によって長さは様々ですが、塗料の寿命を知っておく事は 家の手入れとしては非常に重要な事です。
シーリングの劣化を気にした事はありますか? 外壁塗装をするときは外壁の状態にばかり目が行きがちですが、実は外壁と同じくらいシーリングの状態を確認することが重要になります。
外壁塗装工事を契約する前に行うことは、見積もり書を請求することです。 見積もりサービスはほとんどの業者が無料で提供していますので、気軽に依頼することができます。
外壁塗装で起きる問題を三つご紹介します。 一つ目は、見本の色と違うこと。 これを解消するには、カラーシミュレーションを行うと良いでしょう。
住宅や建物は新築して十年も経過すると、 あちこちが傷んで手を入れる必要性が出てきます。
住まいのリフォーム工事などを行う際には、 工事の中で外壁の塗装を行う事もあります。 この外壁塗装の工事を行う時は リフォーム工事のメインの工事になります。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る

memory peak usage: 41.27MB