浦安市

今回は「フッ素系」。 フッ素系塗料のメリットは 寿命がとても長い事 他の塗料と比べると、格段に対候性に優れている
屋根・外壁塗装には高い技術が必要です。 素人であっても塗るだけであればできないこともありませんが、仕上がりに関してはプロと比較をすれば雲泥の差があります。
塗料には様々な種類があって、その塗料にどんな特徴があって、自分の家の外壁に合うのかが分からないですよね。 外壁塗装は何度もするものではないので、失敗することのないようにしたいものです。 今回は、その中でもウレタン塗料の特徴についてご紹介いたします。 ウレタン塗料はシリコン塗料の次に耐久性が短い塗料です。 耐久年数は7年~10年というところですね。
屋根塗装の際に、重要な作業の一つが縁切り作業です。 これは塗装によって塞がってしまった穴をあけていく作業で、この作業をして置かなければ、屋根は腐食しやすい状態になってしまいます。 現在、主流となっているスレート屋根は、その表面に薄い板を貼って仕上げています。
前回は内断熱のメリットについてご説明いたしましたので、今回は内断熱のデメリットについてご説明いたします。 断熱には外壁部分に断熱材を使用する外断熱と、内装の柱などの間に断熱材を使用する内断熱という方法があります。
高圧洗浄をする理由とは
月日の経過は早く、ピカピカだった新築住宅も内側だけでなく外側も劣化してしまいます。 カビや汚れが気になってくると外壁塗装を施すか考えるようになりますよね。
外壁の塗り替えをお考えの方にご紹介したい色がございます。 ほとんどの方は外壁の色を単色で塗る事が多いでしょう。 今回ご紹介したいのがツートンカラーです。
塗装の際に使う塗料には様々な種類があるのをご存知ですか? 外壁や屋根を塗装するときに使う塗料には、アクリルやウレタン、シリコンなど様々な素材で作られている塗料がありますが、それぞれに水性と油性があります。
外壁塗装を行うにあたり、塗料やその色をどのようなものにするか迷うものです。
外壁の劣化というのは普通の人にはわかりづらいことも少なくありませんが、 業者でなくても塗装が劣化しているかみわける方法というのはいくつかあります。
建物の寿命を延ばすためにはメンテナンスが欠かせませんが、 そのためにまずしておきたいことが定期的に外壁塗装をするということです。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る