塗り替えるなら知っておいてほしい地味だけど大切な作業

塗り替えるなら知っておいてほしい地味だけど大切な作業

外壁塗装工事に、とっても大切な工程があるのをご存知でしょうか。
本当の意味で建物を雨風から守るために、地味ではあるが「大切な作業」。 ここでは2つの大切な工事をご紹介いたします。

コーキング編

コーキング編

地味だけど「大切な工事」1つめ、『コーキング』編です。


コーキングとは、ひび割れや細かな隙間を埋める処理に最適な材料です。
建物には地震などの揺れの力が起こりやすい部位に目地と呼ばれるくぼみがあり、その部分には必ず力が加わる為、柔らかい素材で保護しなければ外壁材が割れてしまいます。
そういった箇所はコーキング材を詰めて保護する必要があります。


詳細はlこちら

釘頭のパテ処理編

釘頭のパテ処理編

地味だけど「大切な工事」2つめ、『釘頭のパテ処理』編です。


近年のサイディング壁の多くが釘で留め付ける『釘止め工法』が主流です。
この釘留め工法によって下地に釘で直接留めるため、建物が揺れた際にサイディングパネルに負荷が掛かかってしまう事も。
そのためパネルにヒビ割れが発生したり、釘周りに欠損が生じやすくなります。


詳細はlこちら
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る

memory peak usage: 41.1MB