習志野市

外壁工事って意外と時間がかかりますよね。 でも、あんなに長い間どんなことをやっているのか、具体的に知っている人は少ないかもしれません。 近年は、営業者と施工者が違う事によって引き起こされるトラブルが多発しています。 業者が何をしてるのか、計画どおりに進んでいるのかを確認するためもある程度の工程は知っておくべきかもしれません。
外壁塗装が必要になった時には、専門業者に依頼をするのが一般的ですが、明朗会計や安全面への配慮など、重要になるポイントはいくつもあります。 そんな中で注意しておきたいポイントが、工事前にきちんと挨拶を行ってくれるかどうかという事です。 外壁塗装の工事というのは、作業中の音が伝わってしまったり、塗料のにおいが漂ってしまうなど、色々と周りに影響が出てしまうものですが、きちんと近隣に挨拶をして回っ…
セラミックという言葉は誰しも耳にしたことがあるでしょう。 身近なところでは、陶磁器や歯にも使われています。 セラミックでコーティングした歯は保険治療の歯に比べて色褪せが少なく、耐久性があることで知られています。
外壁の色を決める時って、何を基準委選んでいますか? 当たり障りのない一般的な色ですか? 好きな色ですか? それとも他の家とは一味違う目立つ色ですか? 色を選ぶときはカラーの見本を見て決められると思います。
外壁は常に劣化が発生する部分となっていますので「劣化が見つかった」という事はどこでもある事になっています。 劣化が見つかった場合には「修理をしないと」という事で、外壁塗装の塗り替えを依頼する方が多いです。 しかし、実は「外壁の劣化=すぐに塗り替え」にはならないという事には注意をしなくてはなりません。
住宅に対する断熱を施す方法の中には、外断熱という工法があります。 注目されている内容になり、構造体を覆う形で施工するので非常に高い気密性を保つ事が出来るでしょう。
シックハウス症候群とは
外壁塗装には、アクリル塗料やウレタン塗料、シリコン塗料などが今までは多く使われていました。 外壁の耐久性を高める目的として塗料が使われていましたが、近年では耐久性だけでなく、断熱や遮熱、汚れがつきにくいなどの効果を求める人が増えたため、光触媒塗料が注目を集めています。
みなさんは、高機能塗料のガイナという塗料をご存知でしょうか? ガイナは、宇宙開発で培われた最先端技術を取り入れて誕生しました。 特殊中空セラミックというものを塗料化する事に成功しており、優れた機能をたくさん有しているのです。
あなたのお家の屋根はどんな屋根材を使っていますか? 屋根材は大きく分けて、粘土、セメント、スレート、金属の4つがあります。 屋根材を選択する場合はメリット・デメリットを理解して選ぶことが大切です。
外壁塗装はほとんどの方が業者に依頼するでしょうから 費用がかかりますよね。
モルタル壁とは、塗り壁で砂とセメントを混ぜたものであり、 一般の家屋やマンション、アパートなどに用いられることが多いといった特徴があります。
みなさんは、「チョーキング」という現象をご存知でしょうか。 「チョーキング」とは、外壁を手で触ると白い粉のようなものが付着する現象のことです。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る

memory peak usage: 41.25MB