流山市

皆さんは、「ラジカル塗料」というものを知っていますか。 「フッ素系塗料」や「シリコン系塗料」は聞いたことあるけどそんなの聞いたことない。という人もいるかもしれません。 それもそのはず。 ラジカル系塗料は2015年に発売されたまだまだ新しい塗料だからです。
外壁の表面を手で擦ったときに、手に白い粉がつく現象のことをチョーキング現象と言います。 これは塗装の防水効果がなくなると起きる、とされておりいます。では、どうして塗装の防水効果がなくなってしまうのでしょう。 それは外壁の塗装面は常に日光や風雨にさらされ続けているためです。
住宅の外壁の種類はさまざまあります。 その中でも、特徴が豊富な窒素系サイティングのメリットについてご存知でしょうか。 現在の外装で使用されているものは、サイティングが主流となっています。 サイティングはセメントを主成分とした塗料で、どのような建物にも合わせることが出来るのが特徴になります。
突然ですがコーキングをご存知ですか? コーキング材はシーリング材とも言います。 気密や水密を目的として隙間に入れられます。 コーキングの成分は合成樹脂か合成ゴム製のペースト状にされたもので、サッシ回りなどに用いられます。
外壁などの塗装に用いられる塗料の種類は大きく分けて、親水性の物と撥水性の物とに分類する事が出来ます。 親水性とは水に対して溶けやすい、あるいは水に混ざりやすいという性質の事を指します。 一方で、水に対して溶けにくい、混ざりにくい性質の事を撥水性と言います。 つまり、親水性の反対は撥水性という事になります。
住宅には、外壁塗装が必要ですよね。 構造について理解しておくと、ウレタン防水が施されているものが多くなっています。 耐用年数は10年から15年といわれていますので、建設後、そのくらい経った頃には、専門の業者と相談をし、補修をする必要があります。
外壁塗装というのは一般の人からすれば、建物の美観性を保つものというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、それだけではなく建物を紫外線や風雨による浸食から守るという大事な働きもあります。
アスベスト問題が注目されるようになり、アスベストという言葉を多くの人が耳にした事があると思います。 そこで今回は、外壁塗装とアスベストの関係についてのお話です。
休日にDIYを趣味にしている人が増えています。 クギを打ったり、電動ドリルで木やコンクリートに穴を開けることがストレスの発散になることもありますよね。
最近の住宅は、気密性が高くなっているために、どうしても結露が発生しやすくなっているともいえるようです。 結露が一番発生しやすい場所は窓ですよね。
外壁塗装の塗料には、様々な種類があることをご存知ですか? 外壁塗装に使用する塗料は、アクリルやウレタン、シリコン、フッ素系塗料など、素材の異なる塗料が複数あります。
リフォームでトラブルになる場所は三つあるといわれており、 住環境をキープするうえでも、きちんと知識を身に着けることが求められています。
アパートやマンションで大規模修繕工事をする場合、 そこには多くの住人が住んでいますから、様々な配慮が必要になります。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る