市川市

塗装のために使われる塗料には、たくさんの種類がありますよね。 だから、何を基準で選んだら良いかわからないって事も、よくあるのではないでしょうか。 こんなにも多種多様の塗料が生まれた理由は、さまざまあるようです。しかし、よく言われるのが『用途が多角化しており、それぞれに合わせた塗料が必要とされるから』だそうです。
夏季になると遮熱という言葉を良く聞きますが、遮熱と断熱は混同されやすいが効果や性能が異なるので、注意が必要です。 遮熱は、太陽による日射を吸収しないようにすることを指します。 太陽光による輻射熱を抑える素材を使うと熱を吸収しないので、太陽光が当たりやすい屋根や外壁に使用すると節電効果が見込まれます。
住宅の外壁が劣化した場合に外壁塗装をする必要があります。 外壁塗装をする時にはできればいろいろな知識を知っておきたいところですが、最低限知っておきたい知識の一つに外壁塗装の塗料の耐用年数があります。 では、一般的な塗料の耐性年数はどれくらいでしょうか。
前回は屋根の葺き替えリフォームのメリットについてご説明いたしました。 今回は葺き替えリフォームのデメリットについてご説明いたします。 ・時間がかかる カバー工法に比べると、今ある屋根材を取り除く時間が必要になるので、その分時間はかかります。
雨どいのメンテナンス方法は、どのように行ったら良いのでしょうか。 まずは、詰まっている葉っぱやゴミを取り除きましょう。 葉っぱやゴミが詰まっていると雨の流れも悪くなりますし、破損箇所があったとしても分かりません。
塗り替えリフォームとして、外壁塗装を行う場面がありますよね。 この場面では肝心な事として、塗料のカラーを選ぶ事を挙げられます。 カラー選びに関してはコツがあるので、事前にある程度を把握しておくと良いでしょう。
下地処理を省くと外壁塗装の役割を果たさない?
マイホームの環境づくりの醍醐味とも言えるのが、外壁塗装ですよね。 外壁の色がどういった色かによって、かなり感じ方は変わってくるもので、選択の仕方によって生活の充実度と言うのも増してくるものです。 なお、外壁の色で人気の色の一つにブルーがあります。
本日は外壁塗装工事において起こりやすいトラブルをいくつか紹介させて頂きます。 弊社は最善、最高の住宅塗装を提供出来るよう取り組んでいる会社です。 ただ塗装を行うだけでなく、お客様に「また頼もう」と思っていただけると幸いです。
塗装を行う際や、建材を選ぶ時には色を決めますよね。 様々な色の中からペンキや床材の色を選ぶ時、小さな色見本を見て決めるか、カラーシミュレーションをして決める事だと思います。
外壁塗装をするとなると数十万単位でお金が必要となりますから、もったいないと感じてしまい後まわしにしがちではないですか?
コンクリートの中性化が及ぼす危険性については、 住宅情報誌などを通じて知れ渡っており、 今や現代人にとって欠かすことができないテーマの一つとしてとらえられています。
マイホームというのは、マンションやアパートなどの集合住宅とは違い、 自分たちの家族だけが住んでいる住まいなので、 足音などを気にしたりすることなく、 心の底からリラックスをして生活をすることが出来るという大きなメリットがあります。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る

memory peak usage: 41.25MB