八千代市

そろそろ外壁や屋根を塗り直そうかな~、と思っている人もいるかもしれません。 そうなると、どこの業者に頼むのか、いくらぐらいお金はかかるのか、色は何色にするかなど、考える事は沢山ありますよね。 でも、塗り替えの工事って全部でどれくらいかかるのかは知っていますか?
外壁塗装をするタイミングは一般的には10年から15年ぐらいの間隔になります。 このサイクルは最初に塗った塗料がどれくらいの耐用年数なのかによって変わってきます。 例えば、ウレタン塗料やシリコン塗料のように10年から13年ぐらいで耐用年数を迎える場合には、10年目当たりから塗装の準備をしておく必要があります。
外壁塗料の種類について、機能性や特徴はご存知でしょうか? 今回は、機能性の高さから人気が高く、塗料としては主流となっているアクリル塗料について紹介します。 値段の安さと発色の良さがあり、重ね塗りなど嗜好性に優れています。 高温でも変色がしにくいところや、アクリル塗料の独特のツヤ感と滑らかな質感があります。
屋根の塗装をするとき、この屋根にはどの塗料が良いのだろう? とわからないですよね。 屋根材によって、この塗料だと持ちが良くなるということや、効果が発揮されやすいということがありますので、しっかり塗料の性能を知って選ぶようにしましょう。
雨どいが壊れる理由には、いくつかの原因があります。 一つは、雨どいにゴミがつまったり、傾斜正常でない事で雨水が溜まり、雨水の重さによって壊れてしまうパターンです。 ゴミに詰まりは、水が集まる部分に落ち葉や鳥の糞などが蓄積される事で発生し、水が上手く排出されなくなります。
家に断熱効果がほしいとお考えの方は多いのではないでしょうか? 住宅に対して施工する断熱方法には、外断熱と呼ばれているものがあります。
シリコン以上の耐久性をもつ塗料とは
光触媒塗料をご存知でしょうか? 光触媒の原理は日本人研究者が発見し、日本の衛生機器メーカーが塗料の開発に貢献しました。 塗料の中で白色塗料の原料である酸化チタンは光に当たると活性酸素を生成しますが、活性酸素は壁の汚れの原因となる有機物を分解する働きがあり、この事を光触媒といいます。
ケレン作業という言葉をご存じでしょうか? 有名な塗装用語の1つで、外壁塗装には外せない作業です。 そこで、今回はケレン作業の内容、重要性、種類について紹介したいと思います。
雨漏りが起きるとなると、どこかに穴が開いているから雨が漏れてくるのだと考えるものですよね。 確かに水の通り道がなければ、雨が漏れてくることはありませんからこの考え自体は間違っているわけではありません。
外壁塗装に使用する塗料には様々な種類があります。 アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素というように時代によって開発され、常に新しい素材のものが提供されています。
外壁塗装はそのまま上から塗らないのが常識になっています。 外壁には長い時間かかって溜まった汚れや苔、藻が付着しているだけでなく、 紫外線や雨、風にさらされたことによって部分的に劣化しています。
住まいのリフォームなどの際に、 外壁塗装をする時は、 壁の色を決める、という重要なことがありますよね。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る