船橋市

家を建てると、よく問題になるのが「シックハウス症候群」ですよね。もちろん、外壁を塗り直したときもなる可能性はあります。 最近の塗料は、匂いが弱い水溶塗料が使われたり、油性塗料でも匂いがきつくないものが使われるようになってきました。 でも「におい」がしないからって油断してはいけません。 先ほどもいったように、外壁塗装だけでもシックハウス症候群になる可能性は低いとはいえ、十分にあるのです。 …
外壁塗装工事では、塗料を塗布するときに刷毛やローラーを使う方法とスプレーの機械を用いる方法があります。 ローラー塗装の特徴としては、周囲へ塗料が飛び散りにくいというメリットがあります。 ローラーには耐水性のある硬い紙や、合成樹脂、羊などの動物の毛を用いた合成繊維を巻き付けたものを使用しますが、塗料をしみこませて塗るので、塗料が飛び散りにくくなります。
外壁塗装をする際、色を選ぶことはもちろんとても重大な事です。 そこで色の面積効果について知っておくと、効果的な色選びができたり、色選びの失敗を防ぐ事ができます。 色の面積効果とは、色がどのくらいの面積を占めているかによって、見え方が異なる人間の目の錯覚の事を言います。 この効果が働くと、面積が小さいところでは暗く濃く見え、逆に面積が大きいところでは薄く明るく見えます。
外壁に使用することが出来るのは塗料の他にも、外壁材があることを忘れてはいませんか。 見た目は軽石のようでコンクリートとは思えないほど、軽い板状の外壁材で高熱高圧養生処理として作られています。 外壁にALCパネルを使用するメリットは、優れた防火性をもつため、火災の際にも安心することが出来るところです。 ALCパネルはさまざまな建物に使用されていて、品質と信頼の高さがあります。
「我が家の外壁もだいぶ傷んできたかな」と感じたら、できるだけ早い時期に外壁塗装の塗り替えを検討しましょう。 しかし、実際にどのような外壁塗料を選んだらよいか、分かりにくいものですよね。 そこで今回は外壁塗料選びのポイントを3つ紹介します。
光触媒塗料という塗料を効いたことはありますか? 光触媒塗料はセルフクリーニング塗料とも言い、自分で汚れを落としてくれる塗料になっています。 自分で汚れを落としてくれるなんて驚きですよね。 そんな光触媒塗料のメカニズムはどうなっているのでしょうか?
外壁塗装をDIYすると、業者に依頼するのに比べて費用が圧倒的に安くなるというメリットがまず有ります。 業者に依頼をすれば多くの人に作業をしてもらう事になりますが、人が増えれば人件費がかかる事になります。
外壁の色やデザインは、家の印象を大きく左右します。 外壁が定期的に塗りなおされ綺麗な状態ですと良いですが、外壁はどうしても劣化するものですよね。 外壁の劣化は家全体が汚くくすんで見えることもあります。 そのような状況は避けたいですよね。
屋根の寿命は素材によって異なります!
注文住宅を建築する時にはこだわりを出す事が出来ますが、その中でも外から見たこだわりとして外壁があります。 外壁の色で人気があるのはホワイト系です。 次にアークブラウンなど落ち着いた色が人気です。 ですが、意外と人気があるのはグリーンだったりします。
最近町中でトタン屋根の家を見かけたりしませんか? きれいなまま維持出来ているものもありますが、 中には、トタン屋根の色が褪せてしまっていたり、塗装が剥げてしまったり、中には錆が出ているものがあったりしています。
ご自宅のベランダにどのような防水工事がなされているのかご存知でしょうか? これは、意外と簡単な方法で見分けることができます。 FRP防水の床なら床を指でノックした時に「コンコン」と固い音がします。
外壁塗装工事で重要なことの1つが色選びです。 外壁塗装は10年に一度を目安に行うのが一般的で、頻繁に塗り替えはしませんから、塗料の色選びを慎重に行う必要があります。
ザディング壁の特徴について興味を持っている日本人は、 決して少なくないといわれており、 定期的にじっくりと対策を立てることが望まれています。
住まいのリフォーム工事などをする場合には、 壁を塗装したりするという機会も出てくるものですが、 ペンキ塗料の色というのは、 「実際塗った後の色が、色見本で見る色と違う!」 ということも珍しくありません。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る