千葉市

今回は「アクリル塗料」についてです。 アクリル塗料、正確には「アクリル樹脂塗料」とは当たり前ですが、アクリル系合成樹脂を主成分とする塗料全般を指します。 以前登場したばかりの頃は、価格の安さと発色の良さなどで人気がありましたが、現在では塗り替え用として使われる例は少なってきています。
塗装工事にかかる期間は、工事の内容や家の状態にもよりますが、完成まで大体、10日〜2週間かかるのが普通です。 雨の日には基本的に作業できないため、天候によってはもう少しかかる事もあります。 全工程が記載された日程表をあらかじめ渡してくれる業者もありますので、それを見ると、工事がいつ頃終わるのか、今どのあたりの工程にあるのかがわかります。
外壁用タイルには、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。 初期費用が掛かりますが、タイルを使用することで高級感・重圧感に優れていて、耐久性があるところが人気のポイントになります。 メンテナンスが簡単で、仕上がりが美しくなります。 外壁に使用されるタイルには吸水性の低い「磁器質」と「せっ器質」が使用されます。
外壁は基本的に三度塗りがされます。 下塗り、中塗り、上塗りの三工程になっています。 この三工程にはそれぞれにちゃんとした役割があります。 一回目の下塗りは、シーラーと呼ばれる接着効果のある塗料を塗ります。
断熱と遮熱という言葉は一見すると同義語のように扱われ、その違いを理解されない事が多いです。 しかし、これらには明確な違いが存在しています。 遮熱というのは、その言葉通りで「熱を遮る」という事です。
前々回、前回で外断熱のメリットとデメリットについてご説明致しましたので、今回は内断熱のメリットのついてご説明いたします。 内断熱は、一般的な施工法としてほとんどの業者が行う事が出来る工法です。
塗り替えか葺き替えどっちをすべき?
外壁塗装を行う業者は全国各地にあります。 ほとんどの業者が適正な価格で工事を請け負い、丁寧な作業を行っていますが、中には悪徳業者と言われる業者がいるのは事実ですね。 悪徳業者に依頼してしまうと、法外な工事費用を請求されたり、手抜き工事をされてしまう事があります。
どのような業種でも見積もりから施工まで完全に自社でやっている場合と、下請けを通してやっている場合がありますよね。 塗装業者も同じく完全に自社のところと、下請けを通したところがあります。 完全自社塗装は、下請けを通した場合に比べてトラブルが起きにくくなっております。
家の外壁は、年月が経つと必ず傷んできます。 外壁は雨や風、太陽の光などにいつも晒されているので、どうしても外的環境の影響を受けやすく、痛みが激しい部分です。
大切な我が家を守る為にも定期的に行いたいのが外壁塗装ですが、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。
古くなった建物や、ひび割れた部分などがあった時に便利なのが塗装ですが、 塗装は中古の建物だけでなく、新築の建物時にも利用されることがあります。
住宅のクラックができる原因は色々と考えられますが、 クラックはそのまま放置してしておいても良くなることなく、 場合によっては住宅に大きなダメージを与えかねません。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る

memory peak usage: 41.26MB