松戸市

外壁塗には細かく分けると本当にたくさんの種類があります。 でも家の塗装をするにあたって、どんな特徴を持つ塗料が自分の家に最も合うのかを検討する事は、とても大切な事なのではないでしょうか。そこでこれからいくつかに分けて、特定の種類の塗料をピックアップしてお伝えしていきます。
次世代塗料、最新の塗料とも呼ばれているのが高触媒塗料で、それを使用した塗装が高触媒塗装です。 その最大の特徴は、太陽の光で汚れを浮かせて雨水で汚れを落とす、と言う点です。 つまりこの塗料を使用すれば、わざわざ外壁などの清掃を自分で行う必要がなくなると言うわけです。 塗装は住宅の安全性、また外観を維持する上で非常に大きな役割を果たしていますから、これはとても大きなメリットです。
外壁に木材を用いた際のメリットデメリットはご存知でしょうか。 木材を利用することで得られるメリットは、主に家が長持ちするというところです。 他にも見た目や触り心地が良いところや、木の香りで気分をリフレッシュすることが出来ます。 湿気を吸収する作用があるため、常にさらっとした室内環境を保てます。
塗料のことについて調べていると、本当に様々な塗料の種類がありますよね。 その中で、1液型や2液型という表示を見かけることはありませんか? この1液型や2液型というのはどういう意味なのでしょうか? まず塗料は水性と油性に分かれるのですが、さらに1液型と2液型にわかれています。
家の塗装というのは、家の外観を綺麗に保つ事が目的だと言うイメージがあります。 けれども、実は家の外観をきれいにする事以外にも、「外壁からの雨水などの侵入を防ぎ、家の躯体部分を守る」という大切な役割があります。 家は絶えず紫外線や雨風にさらされています。
住宅の外壁には、乾式の材料であるサイディングが使われる事が多くなりました。 しかし、湿式の材料であるモルタル壁も性能の良い外壁です。 モルタル外壁は砂と水とセメントを混合させた外壁材で、下地にラスや石膏ボードが用いられます。
外壁塗装といえば足場を組む事からスタートするのが一般的ですが、足場のない外壁塗装工事がある事はご存知でしょうか。 足場を組まない工事は無足場工法と呼ばれる事もあります。
外壁塗装の塗り替えを考えた時に、業者に頼まず自分でやろうと思う方もいらっしゃると思います。 DIYは費用が安く済む事や、完全に自分の好みにする事が出来るのが良いですよね。
素地調整とは、塗装を行う前に、素地面を最適な状態にする工程のことを言います。 「素地」とは、これから塗装を行う素材の面のことで、コンクリート・木材・鉄・アルミニウムなどの種類があります。
外壁は紫外線や雨に直接さらされる部分ですから、家の中でも劣化しやすい部分の1つです。 新築のときは、外壁には塗料が塗られ、塗膜で汚れや雨などの湿気が内側に入り込まないように守られています。 しかし経年劣化による腐食により塗膜が剥がれると、ひび割れなどの症状を起こしやすくなります。
家屋の防水の重要性に関しては、一戸建て住宅の所有者にとって、 欠かすことができないテーマの一つとしてとらえられています。 一般的に、防水を行わないと、修理費がかさむことが知られており、 定期的なメンテナンスの方法をしっかりと理解することが望まれています。
断熱塗装は、外からの熱を家内に入れない様にした塗装のことで、 それにより室内の断熱材に加えて、断熱性が増すことになります。
外壁塗装は、塗料によって仕上がりや耐久性、 工事費用などが異ってきます。 インターネットなどで調べると一般的に水性より油性の塗料の方が、耐久性に優れていると言われています。 ですが、最近では水性塗料の開発レベルが上がり、水性塗料でも15年以上の耐久性を持つ塗料も存在します。
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る

memory peak usage: 41.27MB