千葉県柏市S様邸 モルタル外壁塗装 雨漏り補修と屋根カバー

外壁塗装概要

外壁塗装ビフォーアフター

before1
07bcf89aa4a62f26b30ae66640526ead

vertical1
after1
33c31b4100dedb3161b02c3e498b33e0
千葉県柏市S様邸は新築時から雨漏りが発生し、その度に業者を呼び補修しておりましたが、雨漏りが止まることはありませんでした。塗装の時期が来たことから、全体をメンテナンスして雨漏りをしっかり止めたいとのご要望でした。
外壁は器具の取り外し部分のコーキングの打ち直しや、ヘアークラックが多数見られましたので補修を行い塗装をいたしました。

施工範囲と保証期間

築年数
15年
坪数
30坪
施工範囲
【外壁塗装】
外壁クラック・サッシ周りコーキング補修
【屋根カバー工法】
雨漏り補修工事
一部破風板板金巻き工事
【付帯塗装】
軒天、破風板、雨樋、幕板、水切り、シャッターBOX、エアコンホース及びその他配管等小物塗装
外壁塗装 パーフェクトトップ(艶あり) 自社保証7年 メーカー保証3年
付帯塗装 防錆系ファインSi 自社保証5年 メーカー保証3年
屋根改修 IG工業 ガルテクト メーカー保証15年
73f8fc34cd09af0e69a30fb87d3fd98c
器具の取り外し後にシリコンのコーキングが打たれております。

43c61bc791b80505f6eb602bbc9c8834
シリコンコーキングには塗料が乗りませんので一旦撤去します。
590579a0577ef4ff31fa588b7ce9b46c
パテで補修していきます。
e0a11c3be9e12572f06303059807dbb4
外壁のクラックをそのまま塗装しても、すぐに剥がれてしまう恐れがあるため、補修した後に塗装していきます。
9da07e89bcc81db79159863eec4c9294
弾性パテを奥までしっかりと押し込むように充填します。
749d2a8edf60f00c749633544e044c00
ヘラで平らに均します。
a5e708e77384f1202dc41f2ede277a76
下塗り 水性カチオンシーラー

シリコン配合の反応硬化タイプなので密着性と耐久性をさらに向上させます。 モルタル外壁の表面強度を高め、素地との密着性を高めてくれます。
ec3882ea253990bc969910cc4b047aa4
上塗り(1回目) パーフェクトトップ

「ラジカル制御技術」を用いた塗料です。
ラジカルが塗膜に触れるのを抑える事で紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗膜の寿命を延ばす事が出来ます。


e352360a8fed95a4611b1edcc33d877a
上塗り(2回目) パーフェクトトップ

ムラの無い様に仕上げ、外壁塗装は完成です。

屋根カバー工法 ビフォー・アフター

before1
0f09defd82c3c764d065ad4a57d4397b1

vertical1
after1
fceab2e4df6a533521f66b51d5fe2d1c
原因がわからず全体工事するのは弊社としても怖いものですし、完工してから雨漏りがするのでは意味がないので、全体工事に入る前に雨漏りの原因を特定するために何度も散水調査にお伺いしました。
※屋根の形状によっては散水調査ができない場合もあります。
結果、通常はあり得ない新築施工時の板金処理やルーフィングが奥まで敷かれていないなどが原因とわかりました。
「補修して塗装プラン」もご提案いたしましたが、「補修とカバー工法」を採用していただきました。
before1
164b2b4b89bb03971bf0c57701399657
水切り設置
horizontal1
after1
e31c047b3bee5072d45ebfeef4373114

ccc7e2a468d0d39a7b66989fee7e0754
ルーフィング(防水シート)の貼り直しをします。
弊社は防水型全面粘着型ルーフィングのアンダーガムロンKを使用します。 積雪の多い寒冷地でも使用できるルーフィング材です。
c8797f118a7ffcd3b4c73cc1fec06e4c
軒先に改修用唐草を設置して、本体を取り付けていきます。
ef4278cb6c012a41ace81749de9e8915
最後に棟を被せます。
ジョイント部分はコーキング処理を施します。
DSCF2670

DSCF2705

その他 付帯工事

suzuki1-1

suzuki1-2

suzuki1-3

使用材料

P7290123

担当者より

柏市S様、雨漏りの原因を特定するため、度重なる散水調査にご協力いただき、ありがとうございました。
通常はあり得ない新築施工時の板金処理やルーフィングが奥まで敷かれていないことなどが原因で、新築時の施工が信用出来ない為雨漏りが考えらえる箇所(サッシ廻りなど)は全て防水処理をおこないました。
今回の施工で雨漏りは止まりましたが、施工後にベランダ周囲から雨漏りが発生し、補修に伺いました。
ベランダ笠木と壁の取り合いから侵入したものであり、ここも通常は新築時に防水処理がされているはずの箇所でした。