モルタル壁の種類と特徴

モルタル壁とは

180328014
モルタル壁とは、水とセメントと砂を混ぜ合わせた素材で形成された外壁で、日本では1990年以前に戸建ての家によく採用されていました。

「モルタルとコンクリートの壁は何が違うんだろう?」と思われる方もいらっしゃると思います。まずはじめに「セメント」「モルタル」「コンクリート」の違いをご紹介します。


18032803
モルタルやコンクリートの材料。
粘土を含んだ石灰石や石膏で作った粉末で、水と混ぜて接合部分として使う。

18032806
セメントと砂(細骨材)と水を混ぜてソフトに仕上げたもの。

180328015
セメントと砂利・砂(粗骨材)と水を混ぜて硬化させたもの。

以上がセメント、モルタル、コンクリートの違いになります。
モルタル壁は職人さんがその場で手作業で塗っていくので、施工に時間がかかり、費用も高くなります。
一方サイディングは、工場である程度完成した物を貼り付けるのため、施工の時間も短く費用も安く済みます。またサイディングはデザイン性が多様なこともあり、現在新築一戸建ての外壁はサイディングが主流になっています。
18032805
モルタル壁は手作業で塗るため、意匠性に優れ、様々な仕上げ方があるので温かみのある味わい深いデザインにすることができます。
サイディングと比較して、職人の手によって施工するため、より自分好みの家に仕上げることが可能です。

モルタル壁のメリット・デメリット

メリット
・温かみがあるデザインになる
・自由なデザインにできる
・家の形を選ばない
・補修しやすい
・サイディングのような繋ぎ目がない
デメリット
・クラック(ひび)が入りやすい
・ひびが入ると水が浸入するリスクが高い
・デザインを凝ると費用が高くなってしまう
・工期が長い
モルタル壁の最大の欠点はクラック(ひび割れ)しやすいことです。
ひび割れしたところから雨水や汚れが入ってしまい、建物の寿命を縮めてしまいますので
ひび割れを見つけたら放置せずに、メンテナンスをしましょう。


モルタル壁の種類

モルタルの外壁塗装を行う際には、必ずモルタル壁の仕上げ形状と現在の状態を確認します。
仕上げの形状と現在の状態によって、どの塗料を使うかを判断します。
モルタル壁には主に次のような仕上げの形状があります。

18032806
細かい粒があり表面がザラザラしている。昔からある仕上げ方。
塗料を吹き付ける際に、細かい砂を混ぜて吹き付けるので、このような模様になる。
表面がでこぼこしているため、汚れやすくカビも発生しやすい。

18032808
リシンとはまた違ったザラザラ感を持つタイプの外壁。
リシンが細かくザラザラしているのに対し、スタッコは少し厚いでこぼこが特徴。
凹凸が多いので汚れやすく、塗替え時に塗料の吸い込みが激しいため塗料を大量に使用する。また施工に手間がかかる。

18032809
タイルを貼り付けるのではなく、タイル材を1mm~3mm程度の厚さで吹きつけて陶磁器のような風合いを出す仕上げ方。
表面がツルツルしているため、塗替え時にリシンやスタッコと比べて使う塗料の量が少なくて済む。
弾性タイプもあるので、モルタル特有のひび割れを起こりにくくすることができる。
塗装の際に、シリコン系・フッ素系などのトップコートを組み合わせる事により、耐久性を高めることが可能。

180328010
コテなどの道具を使って仕上げるので、ハンドメイドな雰囲気に仕上がる。
きれいに、味わい深い表現をするためには職人の熟練した技術が必要。
コテ仕上げ・櫛目引き仕上げ等色んな種類の仕上げ方がある。


また、シャインではモルタル造形の研修を行うなど、モルタル造形を得意としております。
千葉県柏市 モルタル造形 エイジング
モルタル造形とは、複合板にラス網を固定したものに造形専用のモルタル(今回はギルトセメント)を厚く塗りつけてコテやブラシを使って彫刻し塗装して様々な材質を再現する技術です。
もともとは米国発祥の技術らしく、日本でも最大級のテーマパークであるディズニーランド、ディズニーシー、ユニバーサルスタジオなど非現実的な建造物の演出に使用されています。

詳しくはこちらで紹介しております!
サイディングでは出せない、デザイン性の高い外壁にすることもできますので、ぜひご相談ください!

モルタル壁の劣化の種類

18022703
モルタル外壁の耐久性や美しさ保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。
でも、どんな時にメンテナンスをすればいいのかわからない・・・。
そこでモルタル壁が劣化してきたときに起こる主な症状を紹介します。

・変色したり、色があせたりする
・チョーキング(指で壁を触ると指に白い粉が付く症状)が起こる
・塗装がはがれたり、浮いてきたりする
・コケや藻が生える
・カビが生える

詳しくは「外壁の劣化の種類と原因」をご覧ください!


最後に…

180328012
モルタル壁について種類や特徴をご紹介しましたがいかがでしたか?
外壁は建物の周辺環境や紫外線など、それぞれの状況によって劣化症状や、補修の時期が変わってきます。
また、日本は地震が多いためメンテナンスを怠っていると、外壁の耐久性がどんどん低下してしまいます。
定期的なメンテナンスをして、長く安心して住みたいですね。

「こんな症状があるけれど、補修が必要かわからない」という場合は、シャインまでお気軽にご相談ください!
資格を持った診断士が、しっかり建物の状況を確認し、メンテナンスが必要かどうかお調べします。

(有)シャインは千葉県柏市を中心に、北はつくば市や土浦市、西は墨田区、南は千葉市や市原市、東は成田市や富里市など、多方面からもご相談だけでなく、外壁塗装や屋根リフォームに関する工事依頼を頂いております。