つくばみらい市 谷井田 外壁塗装 板金処理

こんにちは、こんばんは臼倉(うすくら)です。
本日はつくばみらい市谷井田にあるF様邸の板金処理について紹介したいと思います。
屋根や板金は普段目につかないので、見落としがちですが実は板金を支えてる釘が浮いてきたり、板金が錆び穴が開いてしまったり、板金が吹っ飛んでしまい雨水が浸入してしまう可能性もございます。
普段生活して気が付かない部分にこそ念入りに施工を行っていく必要があるわけですね。
IMG_0114-e1477875285681
まずはケレン作業になります。
ヤスリを使ってあえて板金に傷をつけることにより板金と塗料との密着もよくなります。
板金と塗料の密着を確保するという事はこの「一作業(ケレン)」を増やすことにより塗料の寿命を延ばすことができるわけです。

IMG_0116-e1477875310803
釘頭が飛び出している箇所には金づちやカワスキの持ち手などを使い、打ち込んだ後コーキングを盛り付けていきます。
板金部の釘頭がでていると、そこからつたえ水が浸入し、中の木材が腐ってしまい板金が吹き飛んでしまう原因にも繋がります。
ですので我々はそれを防ぐ術を知っているので、現場に活かせることができます。

IMG_0119-e1477875388546
板金の下塗りには錆止めを使うことで錆びにくく仕上げることが可能となります。
上塗りにも錆止め効果のある塗料を使用することでより錆に強い板金に仕上げることができます。
こうした一つ一つ塗料の選定も大事になってきますね。
P1050752-e1477875137222
板金の繋ぎ目にはコーキングを盛り付けます。
既存のコーキングを取り除き、新しくコーキングを打つことによって既存のコーキングからの剥がれ等の不具合が出ないようにする為です。
それと同時に劣化したままのコーキングは界面剥離などで雨水が浸入する可能性がございますので、基本的に板金の繋ぎ目のコーキングは取り除き、新しくコーキングを盛り付けることを勧めております。

P1050753-e1477875435636
ひとつひとつの釘頭にコーキングを盛り付けています。
先述したとおり、釘頭を打ち込んだ後コーキングを盛り付けていくわけですが、なぜ板金の釘頭にコーキングを盛り付けるかというと、経年で釘頭が出てくるのを防ぐと共に雨水の侵入を防ぐ役割をこのコーキングは担っているわけですね。
このひと手間があるだけであるのと無いとでは差が開いてしまうわけですね。
最後までご覧いただきありがとうございます。
新人施工管理の臼倉(ウスクラ)がお届けしました。本日は茨城県つくばみらい市F様邸の板金処理報告でした。
引き続き作業工程を順次報告していきたいと思います。

外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。