シャイン社内研修【スレート瓦実験】

こんにちは。
今日も心地よい秋晴れでした。

今回は現場の施工工程のようすではなく、


会社にて行った屋根材を使用しての

実地研修のようすの一部をアップします。

弊社にて屋根材の一部を交換されたお客様にお断りして
廃材(破損しているスレート材)を頂きました。

DSC02966

スレートとは粘板岩を薄く板状に加工した天然石の屋根葺き材です。
このスレートを模して、繊維を練りこんだセメントを用いて人工的に
作られたものが化粧石綿スレートです。
現在も多くの住宅で採用されている材質です。
DSC02970

今回はこのスレート材にあえてダメージを加えていき
劣化した状態を作っていきます。
DSC02972

この塗膜を除去して劣化させた状態のスレート材を使用して色々な実験をテストを行っていき、適した塗料、施工方法の検証を行っていきます。
DSC02974

あえて施工不良となる実験なども行い施工方法の確認なども再度していきます。


すいません。。
実験の内容や結果の全てをこのブログで開示することはできませんが、

シャインでは日々こうした自社実験を実施し
間違いない技術と知識をお客様にご提案できるよう精進しております!