日本ペイント クリスタコートを実験しました。|千葉県松戸市も対応のシャイン

DSC_0016-e1477537040284
日本ペイントクリスタコートは、無機系超低汚染コーティング塗料です。塗料というよりコーティング剤に近いでしょうか。
自社実験場所は、千葉県柏市に位置する当店、有限会社シャインの外壁です。
当店の外壁は元々白系の窯業サイディングですが、煉瓦色っぽい赤茶の外壁部分は、当店を新築した当初(6年前)に外壁を使用してダイヤモンドコートのブリック柄仕上げを実験していた場所になります。
ダイヤモンドコートの中塗りの品質を確認したかったので、最終工程であるクリアー塗装をしないでどれほど色あせしないか自社実験しておりました。
DSC_0017-e1477537066514
当店は創業時から徐々に仕事も増え、一時は千葉県の松戸に土地を借りて資材置き場を設置している時期も有りました。
今でももちろん松戸市は近いので工事ご対応エリアとして松戸の多くのお客様からご依頼を頂いております。

写真は、当店の一級塗装技能士でもあり、日本ペイントのリウォール診断士でもある職人スタッフがクリスタコートを実演塗装中です。
透明なので近くで見ないと塗っているかどうかわかりませんが。
DSC_0021-e1477537092143
日本ペイント クリスタコートの塗布が終わりました。
左側と右側で若干色味が変わったのがお分かりでしょうか?

ダイヤモンドコートもさすがに中塗り止まりで放置すると5年前後で色あせが進んでいた様です。
クリスタコートを塗布したら色味が蘇りました。
本来、クリスタコートは外壁塗装を行った直後、最後の最後にコーティング剤として使用するのですが、今回は、少し時間が経過した外壁に使用してみました。

経過を観察して行きたいと思います。
f12e0036ee118083f564581fa18e1d3d-e1477537200835
←画像をクリックすると拡大して閲覧できます。(PDF)

日本ペイント クリスタコートの詳細は、左記日本ペイントのパンフレットをご覧ください。
超親水膜を形成し、光触媒塗料などの光源に頼らずとも、雨水と一緒に汚れを流す低汚染性を発揮します。

建築用では、最強の低汚染レベル「超・超低汚染」と日本ペイントが位置づけする塗料というよりコーティング剤になります。

無機系超低汚染コーティングのクリスタコートをお試し下さい。

「千葉県の外壁塗装 屋根工事に特化した有限会社シャイン」 今回の独り言は、日本ペイント クリスタコートの自社実験の様子でした。

最近少しずつ名前が挙がるようになってきた、フッ素塗料以上の耐久性の位置づけである「無機系塗料」ですが、現在は定番であるシリコン塗料が出始めた頃と同じように粗悪品が横行している現状です。
皆さんも「無機は凄い、30年持ちますよ」などの謳い文句に気を付けて下さいね。
確かに本物の無機系塗料は凄い耐久性を有しますが、確証がないベンチャー塗料メーカーや自社塗料と言われる類の塗料などには警戒してください。

無機は無機でも無機塗料のネーミングに厳格な規制はないので、無機塗料の主成分であるシリカ系樹脂含有量が少ない塗料も無機塗料として販売されております。
シリカ系樹脂(SiO2)とはいわゆるシリコン成分ですので、普通のシリコン塗料レベルの無機塗料という事になります。

過去の弊社に寄せられた無機についてのQ&Aコーナーはコチラ