千葉県流山市 I様邸 ファインシリコンフレッシュ 外壁・屋根・付帯塗装 

築年数
27年
坪数
33坪
外壁
ファインシリコンフレッシュ   10年 色=ND-281
屋根
水系シリコン          8年  色=艶消しグリーン
付帯
防錆型ファインSi        5年  色=こげ茶(255)
木部付帯
防錆型ファインSi        3年  色=こげ茶(255)

外観

before1
DSC03047-e1476159948973

vertical1
after1
DSC065481-e1476159982608



流山市I様邸の外壁塗装見出し

before1
DSC030761-e1476160028866

horizontal1
after1
DSC065451-e1476160061495



2b9458b510635c94cdbed4334471c5371-e1476160112870
高圧洗浄

現地調査の段階で、北側にコケの繁殖や汚れはみられましたが、大きな破損や欠損もなく大掛かりな補修を必要とする箇所はありませんでした。
どんな施工もまずは高圧洗浄から始めます。
こびりついてしまった長年のホコリやコケを水圧で徹底的に洗浄していきます。

b37750085f81cfa983b9d2e7cb71cf78-e1476163604120
クラック補修

北面2Fの一部にクラックといわれるひび割れがみられましたので、補修を行っていきます。
きちんとした補修をしないでこの上から塗装を行ってしまうと、塗膜が水分を吸ってしまい、外壁内部に雨などの水分が侵入してしまいます。
せっかく塗装を行ったのに、今度はもっと大掛かりな補修が必要になってしまう事になりますので、しっかりと行いたい作業です。


補修剤を充填する深さと幅を確保するために、カッターなどを使用し、あえて大きく広げます。
この作業を行うことで、外壁との接着面が多くなりしっかりと密着してくれます。
長年にわたって良い状態で外壁保持し、早期再発を防ぐ為には、この一手間がとても大切な作業なんです。Vカット工法)
57aebc5f63329f3efc3c3e98068d196e-e1476160326392
コーキングの打ち込み

既存の模様を損なわないよう充分に注意し、コーキング材を打ち込んでいきます。
先ほど充分な深さと幅を確保しましたので、規定量を奥までしっかりと充填していきます。
dd31b5a7a8b86f63067a034ab5420d29-e1476160360744
コーキング補修(均し)

打ち込んだコーキング材を丁寧に均していきます。
弊社では適切な補修は当たり前ですが、美観性も重視しております。
I様邸はスタッコ仕上げ(表面に凸凹がある状態に仕上げるやり方)の外壁でしたので、模様を損なわぬ様、注意をしながら均していきます。

続いて塗装を行っていきます。
cd262711d2bf2a3fda675235d1b5ec50-e1476160398226
下塗り(アンダーフィラー弾性エクセル)

アンダーフィラー弾性エクセルは、シーラ+下地調整の機能があります。
キメが細かく上塗りの吸い込みが少ないので、上塗りの特性を生かす事が出来る塗料です。

8a84fdb2107db6ddff2813bbe2bfd1c2-e1476160479285
上塗り1回目(ファインシリコンフレッシュ)

ファインシリコンフレッシュは、自浄機能に優れており、外壁に付着した排気ガスやホコリなどの汚れを、雨水によって洗い流してくれます。
カビや藻といった微生物による外壁の劣化を防止してくれます。



bda266718e92e33edf8a9aedcc637a10-e1476160510408
上塗り2回目(ファインシリコンフレッシュ)

また、結露の発生を抑制し建物の耐久性を向上させる事が可能です。
F☆☆☆☆ですので、人体に有害なホルムアルデヒドや重金属などが含まれておらず、環境にも人にも優しい塗料です。

2回目も丁寧に塗布したら、外壁の塗装は完成です。
yane1

before1
DSC030091-e1476160585986

horizontal1
after1
9c52469cbf87d0e933cfddfc4f482d13-e1476160629289



6eb9402bd381d513fafc9f71f09b2508-e1476160684529
高圧洗浄

モニエル瓦(乾式洋瓦)のスラリー層が劣化してしまうと、瓦の表面が粉っぽくなってしまいます。
また、湿気を含みやすくなりますので、他の瓦より苔が発生しやすくなります。
密着の悪い塗膜層であるスラリー層をできる限り除去しなければ、いくら適した材料で施工しても性能を生かせませんので、より時間をかけて丁寧に洗浄していきます。
f1d75875d9e515c616550be36cd189c0-e1476160736518
板金部下塗り(防錆型プライマー)

屋根の棟包みは板金になりますので、防錆型のプライマーを塗布していきます。
少しでも塗り残しがあると、そこから錆が発生してしまう原因になりますので、ローラーを使用し、丁寧に塗布していきます。
d8456b3a2b5103647800063cdbac744b-e1476160775288
雪止め下塗り(防錆型プライマー)

雪止め部も金属になりますので、防錆型のプライマーを塗布していきます。
ここは細かい作業になりますので、ローラーではなく、刷毛を使用して丁寧に塗布していきます。
ba4e3db81ccda201e44a1415912c6c93-e1476161117323
棟包みの釘の打ち込み

板金部を固定している釘が少し飛び出している箇所がありましたので、打ち込んでいきます。
飛び出したままにしてしまうと、強い雨や台風などで板金部が飛ばされてしまう恐れがありますので、しっかりと奥まで打ち込んでいきます。
5d1d23b0c73e2db1070f3ccc8f1b4010-e1476161153987
棟包みのコーキング打ち替え

既存の劣化したコーキングを撤去したのち、コーキングとの密着力を高めるために専用のプライマーを塗布しました。
その後、新しいコーキング剤を奥までしっかりと打ち込み、丁寧に均していきます。
空気やホコリなどが入り込んでしまうといくら綺麗に均しても早期破断の原因になってしまいます。
乾燥時間も考慮しなくてはいけません。
簡単そうに見えて実はとても気の抜けない作業なんです。
完全に乾く前にマスキングテープを外したら、コーキングの打ち替えは完了です。
658c695da0c35e08b452aa6cd7f8fc09-e1476161053770
板金部の釘頭のコーキング

先ほど打ち込んだ釘頭にもコーキングを乗せていきます。
奥まで打ち込み、完全に固定されたように思えるのですが、このままですと強い風や雨、地震などによってだんだんと緩んできてしまいます。
新築の家ではほとんど行われない作業になりますので、塗替えやリフォームの際には是非行いたい作業です。
しっかり板金部に密着するように乗せ、乾燥したら完成です。
釘頭のコーキングも厚みを設けて盛り付けしていきます。
bba4183b82bdf2516b97772b6edde08d-e1476161232865
乾式洋瓦の割れ補修

瓦の一部に割れがありましたので、補修していきます。
割れたままにしてしまうと、雨などの水が瓦の下に入り込んでしまい、雨漏りの原因になってしまいます。
割れて完全に離れてしまった箇所にコーキングを乗せ、割れた瓦をくっつけます。
b86e81d808a7756bc447d001a3787a52-e1476161310949
はめ込んだら隙間を埋めるようにまた上からコーキングを乗せ、丁寧に均していきます。

1a3023afd29c26bf23f5b621ad6be40e-e1476161376539
これで瓦の割れ補修は完成です。
DSC03039-e1476161409845
スラリー層のある乾式洋瓦の見分け方

瓦の小口が凸凹になっている瓦が乾式洋瓦です。
今までスラリー塗膜のある屋根瓦の塗り替えは、塗装後早い段階でスラリーの脆弱層から剥離してしまい、塗装は困難とされてきました。
今回採用のスラリー強化工法は、スラリー強化プライマーの開発により、この脆弱なスラリー層をタイトに補強し、強い付着性を付与する事が出来る工法です。
fc020b594237e5a17efd68658f1d29fc-e1476161484968
下塗り1回目(水系シリコン)

今回は、水谷ペイントの乾式洋瓦塗替えシステムの「スラリー強化プライマー工法」を採用し、下塗りには水谷ペイントの「水系シリコン」を使用いたしました。
モニエル瓦の塗装は、下処理やプライマー塗布量がとても重要なポイントになります。
流れるくらいたっぷりと塗布していきます。
7b548d888825a76ff83b52cd7478620d-e1476161556345
下塗り2回目(水系シリコン)

プライマーの塗布量が不十分な場合、基材への浸透及び強化が不十分という事になります。
メーカーの規定では「瓦の表面に濡れ感が出るまで」ですので、今回は下塗りを2回行いました。
水系シリコンは環境に優しい水系タイプです。
低臭、無公害で
人にも環境にも優しい塗料です。

下塗りを2回塗布することでより表層に塗り感が出ています。
下塗り適正量塗布は完了です!
cb95297a5dcfc376101ad19af3066f30-e1476161790261
上塗り1回目(水系シリコン)

水系シリコンは超耐候性を備えており、アクリルシリコン樹脂の連続塗膜が酸性雨などから屋根を守り、耐久性を格段に向上してくれます。
耐変色性も優れており、塗装したての鮮やかな色彩を長期にわたって維持し続けてくれます。
また、防カビ・防藻性もすぐれており、劣化を促進させてしまうカビや藻を長期にわたって防いでくれます。

99ea24c7071e85d5a197fde3204864f2-e1476161988352
上塗り2回目(水系シリコン)

水を溶媒に使用しておりますので、臭いや有害物質を揮発しません。
また、火災時の危険も減少してくれます。
2回目も1回目と同様に丁寧に隅々まで塗布して、屋根の塗装は完成です。

破風板塗装

before1
DSC030022-e1476162117992

horizontal1
after1
a11fce6957001be78666096014dfd3ba-e1476162155657



48a429cfc5bc72e064d28af578e5c541-e1476162250528
高圧洗浄

破風板は雨風の影響で、ホコリ・油分・塩分などが溜まりやすい箇所です。
最大15Mpaの水圧で経年で付着した汚れを取り除きます。
0fdb2e2fed2eecea2a8e7797738cbbc3-e1476162345145
劣化塗膜除去(ケレン)

高圧洗浄で取り除けなかった汚れや、劣化してしまった塗膜を、専用のタワシを使用し剥がしていきます。
この工程を行わないでそのまま塗装してしまうと、表面がデコボコな上に塗装をする事になりますので、当然剥がれの原因になったりします。
丁寧にしっかりとケレン作業を行っていきます。
34e65a9de8681d24dde2e45184ce64d7-e1476163292468
破風板の繋ぎ目コーキング補修

破風板の繋ぎ目コーキング補修を行います。
補修剤を入れる十分な深さと幅を確保するために、割れている箇所をあえて広げていきます。(Vカット工法)
こうすることで接着面が多くなりますので、しっかりと補修を行うことが出来ます。
ですが、ただ広げればいいと言う訳ではありません。
角度や深さ、使用するコーキング剤など…
どの位広げればいいのか?
どの位深さを取ればいいのか?
季節によっても様々ですので、色々考慮した上で行っていきます。
4bf1afd0eeb0fdc19d1acc333cc47425-e1476163144218
コーキング打ち込み

先ほど広げた箇所に、コーキング剤を奥まで十分に打ち込んでいきます。
空気や水分、汚れなどが入ってしまうと、早期破断に繋がりますので、丁寧にゆっくりと行っていきます。
fdcb8bfbee1110963b4cbaf82e076b00-e1476163048422
コーキング均し

奥までしっかりと入り込むように、押し込みながら丁寧に均していきます。
そのあと、完全に乾いてしまう前にマスキングテープを剥がしたら、破風板の割れ補修は完成です。
dafecb4c80bfa10f9ad082dad860edab-e1476162774230
下塗り(ハイポンファインプライマーⅡ)

ハイポンファインプライマーⅡは、優れた防錆性を発揮してくれます。
また、重金属顔料を含まない塗料ですので、人にも環境にも優しい塗料です。
塗布量を守り、ムラの無いように丁寧に塗り込みます。



b246a2e964637a79bb92225cbe8211a2-e1476163482560
上塗り(防錆型ファインSi)

鉄素材の破風板になりますので、防錆型のファインSiを塗布していきます。
防錆型ファインSiは微弾性タイプのため、ひび割れにも追従してくれます。
de60a7791bd8114eb5f895b082ed2e4a-e1476163512381
上塗り2回目(防錆型ファインSi)

2回目も1回目同様、ムラのないように丁寧に塗布していきます。
これで破風板の塗装は完成です。
DSC06556-e1476163893490

9c9466b31005825afb41a3af96a2374b-e1476163927822

79cd5c328733e0e460144a24a3fc710c-e1476163964599

91f548b976b574e033003477f93345e9-e1476164060470

DSC05310-e1476164089129

zairyou

05504c993dbb1af028c8eaa12225fd8c-e1476163735959

dc6746aa7f2a69ae717dbd49b246ac1e-e1476163763824



voice1

DSC06563-e1476163797988

モニエル瓦、スタッコ仕上げ外壁共に2回目の塗替えを検討されていました。思い出がたくさんつまったお家、もう一度丁寧に塗替えメンテナンスを行い長持ちさせたいとのご要望がございました。
また夫婦でガーデンングを楽しまれていて、植物が一番落ち着く冬場での施工を検討されていました。当然冬場での施工にご不安もあったようです。業者選びには施工の丁寧さや技術力を求めていらっしゃいました。
また、不要になった配線撤去、濡れ縁の取り付け工事もご依頼いただきました。
nagareyama_isama_an-e1476163830826

前回塗装は丁寧に施されていて汚れはあったものの著しい劣化はありませんでした。今回も同じ業者様で塗替ることもを検討されていたようですが、弊社を信頼しご指名していただきました。

施工にあたり数年間かけて大事に育てられた薔薇の剪定をお願いすることとなり非常に心苦しかったでのですが、施主さまよりご理解いただき事前に剪定作業をして頂きました。

配色はガーデニングの植栽が鮮やかに映えるよう、そして南欧風のイメージで決定していただきました。

施工は数日風の強い日もあり思うように工程を進められない期間もありましたが、予定通り薔薇が育ち始まる前に完工することが出来ました。また施工中職人へお気遣い頂き感謝申し上げます。職人達も集中して作業に取り組めました。

流山市I様、この度はシャインをご指名頂き誠に有難うございます。定期点検にてお会いできることを楽しみにしております。また薔薇の花が満開の時期にも拝見させて頂けたらと思っております!
今後ともよろしくお願い申し上げます。