千葉県印西市 O様邸 アルマースSi 外壁塗装

1aefe23f5ed7c54131b8ed46116d5bc91-e1476152765971

外壁は美観はもとより、耐久性の高い塗料でのリフォームを行いたい。
色々調べる中でダイヤモンドコートに興味を持ち、近所の認定施工店を探していました。
色々なホームページを探す中で、信頼出来そうな会社を探していた。

外観

before1
4718cc7831ed4d292fb7c02f822038701-e1476152806572

horizontal1
after1
千葉県印西市滝野 O様邸 外観 施工後

外壁
10年 アルマースSi  お色=45-500
屋根
10年 サーモアイSi  お色=コーヒーブラウン
付帯
5年 ファインシリコンフレッシュ  お色=ND-155
目地シール
破断7年 オートン イクシード15  お色=ミコノスホワイト




流山市I様邸の外壁塗装見出し

before1
587fe858213215a214704acb483f14512-e1476152844679

horizontal1
after1
25edbde9b61f923151df7353989d9eef2-e1476152876144



DSC01375-e1476152913825
施工前の様子

施工前のO様邸の外壁は、大きな破損等はありませんでしたが、チョーキングが発生しておりました。
チョーキングとは、塗膜がザラザラして手に付着したり、塗料が手に粉となって残る事です。
このままですと塗料の撥水性が低下し、外壁内部に水分が入り込んでしまいますので、腐食の原因になります。





DSC01382-e1476152958613
凍害による塗膜の膨れ

凍害による塗膜の膨れが見られました。
凍害とは、サイディング外壁の内部に染み込んだ雨水等が冬季の低い気温により凍り、膨張するというのを繰り返して起こる現象です。
もう一つの原因は、内部の湿気が外に出ようとする事で起こります。



983cee80b0beecc43d76643c3213dfb41-e1476153043316
高圧洗浄

まずはこびりついてしまった汚れや旧塗膜などを高圧洗浄で徹底的に落としていきます。
通常の洗浄で落とせないようなコケや藻などがある場合は、バイオ洗浄を行い落としていきます。



eee5c52b043c15d227d134a0b6e55293-e1476153085282
劣化塗膜の除去

専用のヘラを使用し、高圧洗浄で落としきれなかった劣化した旧塗膜を落としていきます。


88c2f9d69703f63f04ef677810703194-e1476153163463
正常な塗膜を傷つけないよう、注意をしながら落としていきます。
7430efbfeb35c4d19d1963709e53f81d-e1476153208492
ケレン

大まかに劣化塗膜を除去した後、専用のタワシを使用し丁寧に擦り落としていきます。
この一手間を惜しんではいい塗装は行えません。
しっかりと丁寧に落としていきます。
1446625818352-e1476153241233
コーキング打ち替え

劣化したコーキングを新しい物へと交換を行っていきます。

コーキングについて詳しく説明を行っているページがございますので、是非ご覧ください。

地味だけど大切な作業 →
1446625821395-e1476153273459
コーキング打ち替え(撤去)

まずは既存のコーキングをカッターを用いて撤去していきます。
1446625823835-e1476153350359
コーキング打ち替え(プライマー塗布)

コーキングを打ち込む箇所に、刷毛を使用してプライマーを塗布していきます。
塗り残しの無いよう、しっかりと奥まで塗布していきます。

その後、乾燥を行います。
乾燥時間は季節や湿度、温度によって変わってきます。
1446625826209-e1476153389617
コーキング打ち替え(打ち込み)

規定のプライマー感想時間後、新しいコーキング材を打ち込んでいきます。
この時、空気や水分、油分が入り込んでしまうと、早期破断に繋がってしまいますので、十分注意をしながら打ち込んでいきます。
1446625828526-e1476153422898
コーキング打ち替え(均し)

奥までしっかりと打ち込んだら、専用のヘラを使用し均していきます。
均しを行う時も空気等が入り込んでしまわないよう注意をし、均等の厚みになるように注意をしながら均していきます。
1446625830963-e1476153452402
コーキング打ち替え(完成)

打ち込んだコーキング材が完全に乾く前にマスキングテープを剥がしたら、コーキングの打ち替えは完成です。
8b145ceac2315bf79da1cfe5c54781f4-e1476153485433
下塗り(水性シリコン浸透シーラー)

次に外壁の下塗りを行っていきます。
下塗りには「水性シリコン浸透シーラー」を使用します。
水性でありながらも優れた浸透力があり、既存の旧塗膜との密着に非常に優れた塗料になります。
また、防藻・防カビ効果もありますので、下地からの藻やカビの発生を抑えてくれます。




da7d223d6648ee85ce55bb0aec8be8bd1-e1476153519392
中塗り(アルマースSi)

中塗りには「アルマースSi」を使用しました。
強い紫外線による塗膜の劣化を想定し開発された塗料で、が高い耐候性を持っておりますので、外壁の劣化を抑えてくれる塗料になります。
また、水性ですので環境にも優しく嫌な臭いもありません。

ローラーを使用し、全体にムラなく塗布していきます。
890c039bc66caceb405fad06cfcd57a21-e1476153565975
上塗り(アルマースSi)

アルマースSiは、幅広いツヤの調整が可能な塗料です。
ツヤ有り、ツヤ無し、5分ツヤ3分ツヤ等…
同じお色でもツヤの具合によって様々な表情を見せてくれます。

2回目もローラーを使用し、塗り残しの無い様塗布していきます。
これで外壁の塗装は完成です。
030409a19444541acc6493f0633a94c4-e1476153670431

zairyou

494cee3a990a17280f7a84ec0fa573b0-e1476153763628

ca8e32914bd7c1ab9d6147aee2e292af-e1476153796760

b5e008355cd68349a9c1712490baa3c91-e1476153827617

70aad21fcea7870b1df24cc83984dc6a-e1476153872571