屋根カバー工法ならシャインにお任せ! 耐用年数は!?

こんにちは臼倉(うすくら)です。
本日は最近注目され、弊社でも多く実績がある屋根カバー工法について紹介していきます。

弊社では塗装もそうですが、屋根の状態によって塗装かカバー工法か判断してお客様に提案しております。
では、どういった場合に塗装かカバーか分けているのかをご紹介したいと思います。

CIMG1875
こちらは某大手メーカーの屋根材となっております。
主材はセメントで、セメントは塗膜に保護されていないと吸水し、ボロボロになってしまいます。
なぜ、こんなにボロボロになってしまうかというと、もともとアスベストが使用されているものが2000年まで採用されており、その後アスベストが人体にとって有害であった為、アスベストが使用されなくなりました。
その後スレート材は卵を使用しないハンバーグのようにボロボロと割れてしまうようになりました。そこで強度を保つ為に薄いスレートを何層にも重ねて高温で圧縮する手法で作ったスレート材がこの屋根材になります。
層を重ねて作る為、表面に塗装しても一番上の層から剥がれてしまうので、塗装はお勧めできません。

DSC05571
こちらがカバー工法で施工したお宅になります。
カバー工法にすることによって、外観の見栄えも向上し、雨漏りなどの悩みも解消することが出来るので、カバーを御考えの方は是非シャインにご相談くださいませ。


外壁塗装に関するお問い合わせ
電話によるお問い合わせ
0120-182-152 (自社電話番号)
(営業時間:10時~20時)
〇お問い合わせの際は、「ブログを見た!」とお伝えください。