ブログ


塗装するときに注意することの一つとしてあげられるのが「悪徳業者」。

 

それはなぜかというと、塗装業をするのには資格も許可も必要ないからです。

 

塗装業者に仕事をお願いするときは、「一級技能塗装士」や「塗装工事業」などの資格がある業者を選ぶようにしましょう。

 

 

では今回は、悪徳業者がよく使う手口をご紹介しましょう。

 

まず一つ目が、「今すぐ塗装しないと大変なことになる」と不安をあおる方法です。

 

外壁塗装や屋根塗装は、「雨漏りなどが発生していなければ」すぐにどうにかなるものではありません。

 

緊急に「今すぐ」と言われた場合は注意しましょう。

 

 

二つ目は、足場代のサービスをするというものです。

 

これも、現実にはありえません。

 

なぜなら、一般的な住宅での足場代でも15~20万はかかるからです。

 

足場は無料サービスできるほどの値段ではありません。

 

 

三つ目はモニター価格、キャンペーン中などの期間限定に引っかかる言葉を使う。

 

 

四つ目は、大幅値引きを約束してくれる。

 

数十万円の値引き交渉をされたら、塗り直しの回数を減らす手抜き工事をする可能性があります。

 

そして五つ目が、自社オリジナル塗料の使用。

 

塗料は、100年以上という期間をかけて作り上げられたものです。

 

塗装専門の業者が簡単に作れるものではありません。

 

 

悪徳業者には十分注意してくださいね。

--------------------------------------------------------------

千葉県印西市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------


家を建てると、よく問題になるのが「シックハウス症候群」ですよね。

 

もちろん、外壁を塗り直したときもなる可能性はあります。

 

最近の塗料は、匂いが弱い水溶塗料が使われたり、油性塗料でも匂いがきつくないものが使われるようになってきました。

 

でも「におい」がしないからって油断してはいけません。

 

先ほどもいったように、外壁塗装だけでもシックハウス症候群になる可能性は低いとはいえ、十分にあるのです。

 

油性塗料の中には、シックハウス症候群になる物質が含まれています。

 

塗装したばかりの壁の前に長時間いることは避けましょう。

 

 

油性塗料を細かく分けると弱溶剤塗料と強溶剤塗料とに分けられます。

 

強溶剤塗料は、「ラッカーシンナー」で希釈するものです。

 

健康のことを考えるのであれば、弱溶剤のほうがよいでしょう。

 

 

外壁溶剤の中に含まれている「VOC」というものもシックハウス症候群をひき起こす原因のひとつと考えられてきました。

 

近年では、「低VOC」と表示された溶剤もあるようなので、気になる方はそちらを選んでみてもいいかもしれません。

 

また、シックハウス症候群での原因で有名なホルムアルデヒドの放散速度や放散量なども入れ物に表座されているようです。



--------------------------------------------------------------

千葉県船橋市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------


似たような言葉って本当にたくさんありますよね。

 

本当に言葉って難しい…。

 

実は、塗装分野にもあるんですよ。知っているでしょうか。

 

それは、「外壁塗装」と「外装リフォーム」です。

 

塗装とリフォームなんてぜんぜん違うと思う人もいるかもしれませんが、何か新しい発見もあるかもしれないので、ちょっとの間お付き合いください。

 

外壁塗装は読んで字のごとく、外壁や屋根、その付帯する構造物への塗装工事です。

 

そして外壁リフォームとは、塗装をはじめ壁の張替えや吹き替え、カバー工法などの工法、防水工事、漆喰の補修、耐震補強などをしてくれる事です。

 

 

リフォームは本当に深刻な人が行うものかもしれませんね。

 

地震で壁に亀裂が入ったときや、シロアリや雨などのせいで腐食が進みすぎた場合など、もうどうにもならない時に行うと良いでしょう。

 

また、どうしても壁が気に入らない人にはお勧めです。

 

 

しかし一般的に、外壁の点検や修繕は塗装業者に頼めば間に合います。

 

ちゃんとした業者であれば、壁がどのような状態なのかを点検しつつ、防水や耐熱など目的にあった塗料も用意してくれます。

 

 

壁のリフォームや塗装を考えている人は、是非もう一度考えてみてください。

--------------------------------------------------------------

千葉県白井市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------


外壁の塗装についてのメリットはよく聞くけど、屋根の塗装って実際どうなの?と思う人もいるかもしれません。

 

そこで今回は屋根の塗装についてお話させていただきます。

 

屋根は壁と比べると、直射日光や雨、雪、あられ、などの過酷な環境に常にさらされています。

 

その為、はじめから壁よりも耐久性に優れた素材を使用しており、20年経ったとしても、屋根の機能が損なわれ、どうしても塗り替えをしなければならないということにはなりません。

 

しかし、強い風や雨の影響で屋根の一部がはがれていたり、コケや藻などが生えることで、そこからゴミが溜まってしまう事もあります。

 

そうなると、腐食や雨漏りだけでなく、外気の熱気や冷気が入り込みやすくなってしまうのです。

 

 

屋根は見てみようと思って、全体を簡単に見れるものではありません。

 

ぜひ、外壁を塗り直す際には屋根も一緒に点検してもらいましょう。

 

 

また、うちは瓦屋根だから大丈夫、という人もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

 

瓦屋根のおうちでも、掃除や塗装は必要なものなのです。

 

 ぜひ、壁だけではなく屋根も大切にしてあげてくださいね。


--------------------------------------------------------------

千葉県鎌ケ谷市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------


環境問題に関心が高まる今日。

 

塗料・塗装系廃棄物にも「リサイクル」という言葉が使われるようになりました。

 

しかしもちろん注意するべきポイントはあります。

 

そこで、荷姿、性状、成分、法律の4つに分けて各リサイクルのポイントを紹介していきます。

 

 

ではまず荷姿から。

 

ポイントは、固化しやすいものは荷姿ごと粉砕や破砕できるものでつつんで保管することです。

 

 

次は性状についてです。

 

注意しなければならないのが、粘着性の高いものや塗装ブースからでている壁紙のようなもの、冶具に付着した大きな塊などは処理が困難であるために処理費用が高くなる傾向にある事。

 

性状や性質を処理会社に情報共有することが大切になるでしょう。

 

 

成分でのポイントは、リサイクルをする上での忌避物質が入っているかどうかです。

 

例えば、環境や人体に影響を与える有害物質や引火性の高い物質などです。

 

もし含まれている場合、溶剤を分離できるかどうかがカギになってきます。

 

 

そして最後は法律についてです。

 

ここでのポイントは、特別管理産業廃棄物に該当しないかどうか、制度を活用して、価格交渉力を強められないかどうかです。

 

是非、リサイクルをする際の参考にしてみてくださいね。

--------------------------------------------------------------

千葉県野田市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------


外壁塗料にも「自然塗料」が存在するのをご存知ですか。

 

一時は、耐久性があり、工期が短く、さらに低価格というニーズと石油化学技術の向上によってあまり見られなきなっていました。

 

しかし、現在問題となっているシックハウス症候群や化学物質過敏症など、多くの問題が出てきたことから、近年見直されてきました。

 

 

日本で普及している自然塗料の商品は、ドイツから輸入されているものが多いです。

 

日本でも開発はされてきたのですが、ドイツでは環境の意識の高さから30社ものメーカーが自然塗料を開発しています。

 

 

実は自然塗料にも種類はあるのです。

 

でも、自然界にある成分を基調にしている為それほど異なるというわけでもないようです。

 

自然界にある成分には限りがあるからですね。

 

 

分類方法は大きく3つ。

 

「浸透型のオイル系」「造膜型のワニス系」「塗膜保護のワックス系」です。

 

これらは、樹脂の成分の違いから塗膜となって木材を保護する方法が異なり分類されています。

 

 

環境や健康には悪影響を及ぼさないのですが、耐久性や耐候性が弱くメンテナンスを頻繁に必要とする事が、これからの大きな課題として挙げられています。


--------------------------------------------------------------

千葉県我孫子市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------

皆さんは、「ラジカル塗料」というものを知っていますか。
             
「フッ素系塗料」や「シリコン系塗料」は聞いたことあるけどそんなの聞いたことない。という人もいるかもしれません。
 
それもそのはず。

ラジカル系塗料は2015年に発売されたまだまだ新しい塗料だからです。

シリコン系とフッ素系の間の塗料であり、しかも値段も安いため近年人気が出ています。
 
ラジカル塗料とは、ラジカルを発生させない事にこだわって作られた塗料のことです。
 
ラジカルとは、酸素や紫外線、水などが顔料に染色する事で生まれる劣化因子のことを指します。
 
塗装の劣化が進むのは、このラジカルが発生する事が原因として挙げられます。
 
 
メリットは
単価が安い
耐久性が高い(約15年)
光沢があるので低汚染性に優れている
防藻や防カビ性能が高い
簡単に使うことが出来る
どんな下地でも塗装が可能
 
デメリットは
実績がない
知名度が低い
扱ったことがない塗装屋さんもある
 
 
悪徳業者はどんなところにも出現します。
 
まだ完全には普及していない塗料であることをいい事に、いい加減な方法で塗装工事を行うことも少なくないようです。
 
是非気を付けて下さい。


--------------------------------------------------------------

千葉県流山市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------

外壁塗には細かく分けると本当にたくさんの種類があります。

 

でも家の塗装をするにあたって、どんな特徴を持つ塗料が自分の家に最も合うのかを検討する事は、とても大切な事なのではないでしょうか。

 

そこでこれからいくつかに分けて、特定の種類の塗料をピックアップしてお伝えしていきます。

 

 

まずはウレタン塗料から。

 

ウレタンと塗料とは、ウレタン系樹脂を主成分とする塗料全般を指します。

硬化剤を使う2型の仕様なのですが、硬化剤の量が多いほど塗膜の性能は向上します。

また、耐久年数は一般的に8~11年程度とされています。

 

メリットは

密着性が優れ、価格・耐久性・機能性などにおいて最もバランスが良い事

細部の塗装にも適している

光沢のある仕上がりが長続きする

対候性・耐水性・耐薬性にも特に優れている

 

デメリットは

耐久年数はシリコン系統よりも劣る

他の塗料よりも防汚性や紫外線への抵抗力がやや劣る

変色しやすい

 

現在では汎用性が優れているという理由でウレタン塗料が主流となっていますが、必ずしもウレタンが良いというわけでもありません。

 

 

周りの環境や目的も考えつつ塗料を選んでいきましょう。

--------------------------------------------------------------

千葉県松戸市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------

前回に引き続き外壁塗料のそれぞれの種類についてです。

 

今回は「シリコン系」」の塗料。

 

 

シリコン塗料とは、アクリル系塗料の一種で、外壁塗装には欠かせない存在です。

 

もっとも高いグレードはフッ素系が誇っていますが、シリコン系はその次に高いグレードとなっています。

 

耐久年数は12年~15年と長く、コストパフォーマンスに優れた素材である事は間違いありません。

 

また、雨や泥をはじく為のコーティングも可能で長期にわたって美しさを保つ事が出来ます。

 

また臭いもあまり気にならず、塗装の間快適に過ごすこともできます。

 

 

メリットは

耐久性に優れている

上記でも述べたようにコストパフォーマンスが良い

 

デメリットは

ウレタンよりは高値である

塗膜が固ため塗装に付きにくい

 

 

フッ素系よりも流通しており、人気No1で愛用者が多い事も特徴の1つかもしれませんね。

 

ただ、外壁全てをシリコン系だけで仕上げようとしてはいけません。

 

外壁塗装後も美しさと仕上がりを維持していくためには、塗る部分によって塗料を使い分ける事が大切になってくるのです。


--------------------------------------------------------------

千葉県柏市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------
今回は「フッ素系」。

 

フッ素系塗料のメリットは

寿命がとても長い事

他の塗料と比べると、格段に対候性に優れている

耐熱性・耐寒性に優れた効果を発揮する

 

デメリットは

値段が高い

クオリティが高すぎて一般住宅には不向きな面もある

建物が劣化するとヒビが入る

 

 

また気を付けなければならないのが、下手な業者がフッ素系を使うと、塗料の威力が発揮できない事があります。

 

さらに、悪徳業者が低品質のフッ素塗料を高額に売り上げるという事件も起きているので注意が必要です。

 

 

現在フッ素系は外観も長期的に保つ効果も期待できる為、美観意識の高い企業の外観、航空機、飲食店などに採用されています。

 

一度フッ素系塗料を行えば、長期的な外壁コーティング効果があるので、何度も外壁塗装をする手間を省くことが出来ます。

 

その為シリコンと比べると、一時的にはフッ素の方が高くつきますが、長い目で見るとシリコンの方が結果的に高くつくという調査結果も出ています。

 

 

今はまだまだ認知度は低いですが、これから塗料の値段が下がってくれば一気に需要はタ高まっていくでしょう。


--------------------------------------------------------------

千葉県浦安市の外壁塗装なら
有限会社シャインにおまかせください。

--------------------------------------------------------------
  • 無料診断・無料お見積りはこちら
  • 資料請求
このページのTOPへ戻る