取手市 サイディング外壁塗装 ダイヤモンドコート施工 完了報告

before1
DSC09226
取手市のS様邸
昨年の末になりますが外壁・屋根・付帯塗装工事完了致しました。
horizontal1
after1
DSC05570-3
塗装工事以外にも増築部の屋根が濡れない屋根材(パミール)が採用されており、高耐久性ガルバリウム鋼板でのカバー工法改修も実施致しました。
before1
DSC09306
増築部屋根の施工前写真です。
層間剥離の症状は軽微で塗装が出来るスレート屋根材と間違えてしまいそうですが良く調査するとパミールであることがわかりました。

パミールについて詳しく知りたい方は
こちらをクリック!

horizontal1
after1
DSC05494
施工後の写真です。
防水性の高いルーフィングを既存屋根の上に張りつめて金属屋根を重ね葺くカバー工法にて改修しました。
before1
DSC09233
当初お客様のご要望として既存の多彩色サイディング柄を活かす(残す)塗装を望まれていましたが、日当たりの強いベランダ面は白化症状がみられクリヤー塗装だと面によって色の差異が出来てしまう仕上がりになることをお伝え致しました。
※新築時のサイディング柄が気に入っていて柄を残したいとお考えの方は8年前後で一度早めの点検することをお勧め致します。是非ご相談ください!
多彩色仕上げ塗装も含めご検討頂きましたが、今回は単色仕上げとなりました。
horizontal1
after1
DSC055383
単色仕上げになるなら「全て白で統一された家にしたい」とご希望されました。
ただ経年での汚れは気になる。。

そんな時は日本ペイントの「ダイヤモンドコート」がお勧めです!
高い耐久性と長期間の美観性を兼ね備えた塗料になります。

ダイヤモンドコートを詳しく知りたい方は
こちらをクリック!
before1
DSC09278

horizontal1
after1
DSC05564

before1
DSC09224-2
vertical1
after1
DSC05567-33
取手市S様邸
サイディング外壁=ダイヤモンドコート 3分艶 ND-370
屋根=ファイン4Fベスト  チョコレート
各付帯部=一液ファインフッ素UV ND-370

施工前の多彩色柄も素敵でしたが白系単色仕上げもかっこ良いですね!
お施主様のセンスの良さが窺えます。

取手市S様、施工中は現場スタッフにもお気遣い頂き誠に有難うございました。
日本ペイント規定の1年後点検でお会い出来ることを楽しみにしております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

シャインスタッフ一同